歌手

バクナン怪盗歌詞の意味は?恋はDeepに物語と関係ある?

backnumber怪盗歌詞の意味解説!発売日やMV・コードも紹介!
スポンサーリンク
Pocket

「back number(バックナンバー)怪盗歌詞の意味解説していくと同時に、発売日やMV、恋はDeepにとの関係も調べていきたいと思っています。

石原さとみさんと綾野剛さんW主演で話題のドラマ「恋はDeepに(恋ぷに)」」ですが、主題歌がback number(バックナンバー)の怪盗に決定しましたね!

恋はDeepに(恋ぷに)が禁断の恋愛ドラマだけに、back number(バックナンバー)の怪盗の歌詞とドラマとどんな関係があるのか、歌詞に込められた意味の考察が知りたいという方も多いかもしれません。

ということで今回は「back number(バックナンバー)怪盗歌詞の意味解説!恋はDeepにとの関係は?」をお送りいたします。

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗の歌詞を紹介!

現時点で判明しているback number(バックナンバー)怪盗の歌詞をご紹介していきます!

怪盗

唄:backnumber

作詞:清水依与吏

じゃあちょっと目を閉じて

僕の胸に捕まっておいでよ

君の笑顔を盗む奴から君を盗むのさ

この物語の名前は伏せたまま走るよ

連れ去ってと合図をくれたら

ここから君を奪って

夜空を抜けて

宝石みたいな街を飛び越えて

君が想像したことないくらい

眩しい世界を見せてあげる

そのまま海を渡って春風に乗って

虹を蹴散らして空にばらまいて

君は今日も明日もきみのままいていいんだよ

君がいれば僕に不可能なんかない

 

歌詞の全体を見るとなるほど、かなりロマンチックな怪盗ですよね!

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗の歌詞の意味を解説!

back number(バックナンバー)怪盗の歌詞について考察していきたいと思います。

現時点ではサビ部分のみしか発表されていませんが、作詞したback number(バックナンバー)の清水さんは怪盗をこのように語っています。

何よりもこの物語の横で生まれてきた楽曲がどんな顔をしていてどんな服が似合うのかそれだけをとにかく考える、本来back numberが大事に重ねてきた作業にもう一度立ち返れたように感じています。

引用:恋はDeepに公式

back number(バックナンバー)自身も怪盗の制作によって原点回帰できた語っておられますね。

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗歌詞・Aメロ歌詞の意味を解説!

恋はDeepに(恋ぷに)の主題歌の歌詞について個人的に考察を解説してみたいと思います。

まずはAメロの部分から!

じゃあちょっと目を閉じて

僕の胸に捕まっておいでよ

君の笑顔を盗む奴から君を盗むのさ

出だしからロマンチック度がすごい、怪盗ですがそのタイトル通りの始まりの歌詞でもありますね。

君の笑顔を盗む奴から、君を盗むというのはなにを意味しているんでしょうか。

シンプルに考えると、彼女は誰かに悲しい想いをさせられているということになりますが、どんな状況にいててもその場所から助けてあげるというロマンチックながらも男らしい歌詞になっていることがわかります。

 

back number(バックナンバー)怪盗歌詞・Bメロ歌詞の意味を解説!

次にBメロの部分はどうでしょうか?

この物語の名前は伏せたまま走るよ

連れ去ってと合図をくれたら

この物語の名前は伏せたまま走るという歌詞が気になります。

この部分だけ見ると意味がわからないですが、後々出てくる歌詞に繋がってそうな気がしますよね。

相手を盗むから、タイトルをつけずにコッソリと盗むという意味なんですかね。

連れ去ってと合図をくれたらの部分のメロディーラインからサビに突入するくだりはカッコいいです!

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗歌詞・サビ歌詞の意味を解説!

いよいよサビの部分です!

ここから君を奪って

夜空を抜けて

宝石みたいな街を飛び越えて

君が想像したことないくらい

眩しい世界を見せてあげる

そのまま海を渡って春風に乗って

虹を蹴散らして空にばらまいて

君は今日も明日もきみのままいていいんだよ

君がいれば僕に不可能なんかない

かなりアップテンポなリズムですが、サビの歌詞もとてもロマンチックですよね。

Aメロ、Bメロの歌詞からも、禁断の恋、叶わない恋だから「奪う」というワードを使っているんでしょうね。

奪われる彼女はあまり世間を知らない、狭い世界で生きてきたんでしょうか?

だからこそ、そこから連れ出してあげる!という気持ちをサビで表現しているような気がします。

虹を蹴散らしたような輝く世界(新しい景色)を見せるってめちゃくちゃカッコいい!

そして君は今日も明日も君のままでいいという、等身大の相手を愛して肯定してくれるような歌詞。

backnumber怪盗はロマンチックでスマートな歌詞に見えますが、歌詞の意味を考えるととても男らしい歌詞だということがわかりました。

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗の発売日はいつ?

気になるのが恋はDeepに(恋ぷに)主題歌のback number(バックナンバー)怪盗の発売日、リリース日はいつなのかということですよね。

現時点でいつ発売するかは正式には発表されていませんが、ドラマ主題歌は初回放送から半分過ぎたくらいに発売されることが多い傾向にあります。

恋はDeepに(恋ぷに)の初回放送は4月14日なので5月中旬以降には発売される可能性が高いですね。

back number(バックナンバー)怪盗の発売日は、2021年5月24日の月曜日にリリースされることが判明しました。

 

スポンサーリンク

back number(バックナンバー)怪盗は恋はDeepに(恋ぷに)のストーリー展開と関係がある?

back number(バックナンバー)怪盗は恋はDeepに(恋ぷに)の台本を読み込んだうえで、作詞されたということがわかっています。

back number(バックナンバー)のボーカル清水さんが台本を自分の中に落とし込んで制作したらしいですよ。

主演の石原さとみ、綾野剛はback number(バックナンバー)怪盗を聞いて、以下のようなコメントをしています。

初めて聴いた時はとても明るく軽快で、年齢問わず口ずさめる楽曲だと思いました。

ですが、ドラマの撮影がどんどん進んでいる今、この歌を聴くと、明るい曲のはずなのに切なさが増してきて泣きそうになります。

初めて聴いた時と、今とでは明らかに歌詞の捉え方も変わってきています。

引用:barks.jp

これはback number(バックナンバー)怪盗の歌詞と恋はDeepに(恋ぷに)のストーリー展開はおもいっきり関係がありそうなコメント内容ですよね。

綾野剛さんはどう感じたんでしょうか?

この「怪盗」に包まれてドラマをお届けできるなら、どこまでも駆け抜ける事ができると直感で思いました。

誰かが誰かを愛おしいと思う気持ちは人種を遥かに超えて世界を変える事ができる。

歌詞や音色からたくさんの勇気を頂きました。

新たな物語の号砲がいよいよ奏でられます。

地上で一番Deepな恋「恋はDeepに」開幕です。

引用:barks.jp

人種を超えて世界を変えることができるというほど、壮大な歌詞の内容になってるんでしょうか。

主演の二人以外にも、恋はDeepに(恋ぷに)のプロデューサーの枝見さんもback number(バックナンバー)怪盗の歌詞について、「これまでの世界が急にキラキラ輝くように、誰かを愛する気持ちを教えてくれる曲」と語っています。

back number(バックナンバー)rが禁断の恋をどんなふうに描いているのか楽しみです!

 

恋はDeepに(恋ぷに)のあらすじは?

 石原さとみ×綾野剛

この春史上最強のラブコメが始まる

海を愛する魚オタクの海洋学者とロンドン帰りのツンデレ御曹司。

巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会った2人。

海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。

住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。

しかし、その恋はかつてないほど禁断だった!

なぜなら彼女には、誰もが驚くあるヒミツがあった!!

彼女は何者?

そして、2人の恋の行方は?

この春地上で一番Deepな恋の幕が上がる。

 

引用:恋はDeepに公式

 

back number(バックナンバー)怪盗のMVを紹介!

怪盗のディザー映像も公開されましたね。

曲名にぴったりのキラキラときれいな夜景をバックにしたとても美しいMVに仕上がっています。

本格的なMVの公開も楽しみですね!

 

back number(バックナンバー)怪盗が恋はDeepに(恋ぷに)の主題歌になってみんなの反応は?

 

まとめ

ということで今回は「バクナン怪盗歌詞の意味は?恋はDeepに物語と関係ある?」としてお送りしました。

恋はDeepに(恋ぷに)の主題歌である、back number(バックナンバー)怪盗がどんな歌詞なのか、ストーリー展開とリンクするのかなどをご紹介してきましたが、いろんな意味で恋はDeepに(恋ぷに)を見逃せませんね!

「バクナン怪盗歌詞の意味は?恋はDeepに物語と関係ある?」を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク