映画

ボヘミアンラプソディのライブシーンマイアミは音量上げた?ラストのミキサー触るなは史実?

ボヘミアンラプソディラストマイアミ音量上げた?ミキサー触るなは史実?
スポンサーリンク
Pocket

「ボヘミアンラプソディのライブシーンマイアミは音量上げた?ラストのミキサー触るなは史実?」としてお送りする今回。

ボヘミアンラプソディの1番の見所でありラストのクライマックスを飾るライブエイドのライブシーン!

QUEEN(クイーン)のすごいパフォーマンスに目が釘付けになりますが、その一方でマイアミが機材に貼ってある「触るな」のメモを剥がして音量を上げたのかどうか?という点が気になる方もいるようです。

そしてそれは実際のライブエイドでもあったできごとなのか?

ということで今回は「ボヘミアンラプソディのライブシーンマイアミは音量上げた?ラストのミキサー触るなは史実?」としてお送りします。

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのライブシーンでマイアミは音量を上げた?

映画ボヘミアンラプソディの冒頭でもあり、ラストでもあるライブエイドのライブシーン。

フレディマーキュリーを始めとするQUEEN(クイーン)のメンバーと苦楽をともにしてきたマイアミが、一致団結をしてライブエイドを成功させようとしているなか、なにかミキサー機材のようなものをひとりでゴソゴソいじっているシーンがありましたよね。

あの時の描写が不穏な感じの描き方だっただけに、なにかの伏線なのかと気になった人も多いかも知れません。

しかし結果的には、あの時にマイアミがいじくっていたのはライブエイドの音響機材であるミキサーなんですよね。

なんのためにいじっていたのかといいえば、音量のリミッターを解除するためだったんです。

なぜ音量の機材にリミッターがついていたのかといえば、あれだけ大規模なライブ会場となればその音量は相当なもので、その周辺に住んでいる音楽に興味がない人にとっては騒音でしかないですよね(^_^;)

そのあたりを配慮して音量を調整する機材にリミッターを設置していたんですが、マイアミはラスト集大成ともいえるライブエイドで、QUEEN(クイーン)の歌を最大限に盛り上げるために音量のリミッターを解除して爆音で気持ちよく歌わせようとしたんです。

ラストのライブシーンでマイアミが音量を上げるという細かい部分ですが、ここからもクイーンへの愛情が感じられる描写になっています!

その結果があの圧巻のライブシーンですから、マイアミの音量をあげた作戦は映画の中の観客だけではなく、映画を見ている観客をも感動させることに成功しましたよね(笑)

 

\ボヘミアンラプソディ無料視聴

3分カンタン登録で今すぐ視聴できます

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのラストで音量を上げたマイアミ役の俳優は誰?

名前:トム・ホランダー

本名:トーマス・アンソニー・ホランダー

生年月日:1967年8月25日

年齢:53歳

出身地:イギリス

身長:165センチ

子供の頃から劇団に所属しており14歳の頃ドラマの主人公で俳優デビューしたエリート俳優がマイアミ役を演じています。

これ以外にも有名どろこでいえばパイレーツ・オブ・カリビアンやミッション・インポッシブルにも登場しており、ボヘミアンラプソディ公開年だけでも5本の映画に出演されている人気俳優さんですね。

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのラストの触るなのメモは史実?

マイアミがラストのライブシーンでミキサーにある「触るな」のメモを無視してまで音量のリミッターを解除し、音量を最大まで上げた結果ライブは盛り上がりましたがこれは史実なのでしょうか?

結論から言えば、触るなというメモとそれを無視して音量を上げたのがマイアミというのは史実ではないようです。

実際はライブエイドの音響技師のスタッフが、音響機材のミキサーのリミッターを解除して最大音量にしたようです。

マイアミが触るなのメモを無視して音量を上げたというのはフィクションだったんですね、少し残念(笑)

しかし、音響機材のミキサーの音量を最大限まで上げる音響技師さんの気持ちも分かる気がします。

というのもライブエイドは当時世界84カ国で同時に生中継されクイーン以外にもザ・フーやエルトンジョン、ワム、デヴィッド・ボウイにポール・マッカトニーなど世界的アーティストが数十組出演したチャリティーライブ。

なかでもクイーンのパフォーマンスは世界中から大絶賛されたのですが、そのあたりの史実はU-NEXTで配信しているQUEEN(クイーン)のドキュメンタリーを見て欲しいです!

実際のライブエイドや他のライブ映像とその裏側、クイーンの凄さを描いたリアルドキュメンタリー作品が複数あってそこで紹介されてるライブがとにかく半端ない!

U-NEXTなら現在登録後31日間はお金がかからないので無料でサクッと見れちゃいます。

多くのアーティストが大絶賛したQUEENのパフォーマンスとその裏側を描い作品、タダで視聴可能な間にチェックしておくことをオススメします♪

 

\QUEENリアルライブ無料視聴

3分カンタン登録で今すぐ視聴できます

 

ボヘミアンラプソディのマイアミって史実上はどんな人物?

実際のライブエイドでもマイアミが音量を上げてほしかったですよね。

映画のボヘミアンラプソディでも描かれていましたがマイアミはバンドメンバーでこそありませんが、当初からQUEEN(クイーン)とともにいて、苦楽をわかちあった仲間のひとり。

では史実上のマイアミはどんな経歴を持つ人だったのでしょうか?

名前:ジム・ビーチ

本名:ヘンリー・ジェームズ・ビーチ

生年月日:1942年3月9日

年齢:79歳

あだ名:マイアミ

名字のビーチからマイアミというあだ名で呼ばれていたジムビーチの本業は弁護士。

契約関連の相談にのったことでQUEEN(クイーン)とのつながりができ、後にマネジメントもするのですがその関係は今現在も続いているのというから驚きですよね!

さらに映画ボヘミアンラプソディでは、プロデューサーとしても参加しています。

映画全体の細かい描写にマイアミが一役も二役もかっているんでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「ボヘミアンラプソディのライブシーンマイアミは音量上げた?ラストのミキサー触るなは史実?」としてお送りしました。

ボヘミアンラプソディのラストのライブシーンでマイアミが「触るな」のメモを無視して機材をいじっていたのは、ライブを盛り上げるために音量のリミッターを解除していたからですが、史実ではマイアミが音量を上げたわけではないようです。

しかし、映画だからできたマイアミとクイーンの繋がりの深さを感じ取れるシーンでしたよね。

「ボヘミアンラプソディのライブシーンマイアミは音量上げた?ラストのミキサー触るなは史実?」を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク