映画

ボヘミアンラプソディのリードがクビの理由は?現在もマネージャー業してるの?

ボヘミアンラプソディのリードがクビの理由は?現在もマネージャー業してるの?
スポンサーリンク
Pocket

映画ボヘミアンラプソディの疑問点で結構多いのがマネージャーだったリードがクビになった理由ってなに?というもの。

なんか車の中でケンカしてたけど、結局なにが原因でリードはクビになったのかわかりにくいという人も多いかもしれません。

さらに映画ボヘミアンラプソディで描かれたリードのクビの理由は史実なのか、そしてリードは現在もマネージャー業してるのかということで今回は「ボヘミアンラプソディのリードがクビの理由は?現在もマネージャー業してるの?」としてお送りいたします。

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのリードがクビになった理由はなに?

ボヘミアンラプソディの映画の中盤頃、QUEEN(クイーン)の楽曲が有名になってきたタイミングで、ポールからフレディマーキュリーのソロ活動の案件が来ていることを聞いたリード。

この話をリードがポールに変わってフレディ本人に伝えることになり、ライブの打ち上げの帰りの車中で「実はソロの話が来てるんだ」とつたえました。

しかし、QUEEN(クイーン)というバンドをとても大切にしていたフレディはその話を聞いて「クイーンを解散してソロ活動をしろ」と捉えてしまい激怒するんですよね。

あまりにも激怒するフレディを落ち着かせるために、同じ車内にいたポールに助け舟を求めても知らぬ顔をされてしまいます。

結果、その場で車から降ろされて、マネージャー業をクビになってしまします。

映画ボヘミアンラプソディでリードがクビになった理由は、フレディにソロ活動の話を持ちかけたことがキッカケ。

バンドを解散させようとしていると誤解されてしまったからなんです。

それに加えてポールに裏切られたというポイントもありますよね。

それにしてもポールはやっぱりクズキャラ(笑)

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのリードがクビになった理由はフィクション?

では映画ボヘミアンラプソディでリードがクビになった理由は実際のところは本当に起こった出来事なのでしょうか?

結論から申し上げますと実際はリードはマネージャーをクビになったのではく、ジョン・リードQUEEN(クイーン)のマネージャーを自ら辞めたいと言ったそうです。

なので映画ボヘミアンラプソディで描かれているようなソロ活動やバンド解散といった部分はフィクションだとか。

実際のリードはクビになったのではなく、多忙だったので辞めたくなったというのが本当の理由で円満に終わったそう。

過去のインタビューでもQUEEN(クイーン)のメンバーがジョン・リードとは終始いい関係だったことを語っています。

ちなみにその後映画ボヘミアンラプソディでは結果フレディがソロ活動を始めたことがキッカケでバンドメンバーとの関係にヒビが入ることになりましたが、実際はなんの問題もなかったそうです。

むしろメンバー全員ソロ活動に専念していた時期があって、バンドはバンド、ソロはソロと割り切ったうえで全員気持ちよくそれぞれの音楽に携わっていたんだとか。

確かに映画ボヘミアンラプソディでのフレディは激情的な性格で音楽に対してアツいキャラクターだったので、リードがクビになった理由こそ本当に見えますが、実際のフレディもリードも割り切っていた部分もきちんとあったんですね(笑)

でもまぁリードをクビにした理由がソロ活動の誘い、その後ソロ活動する時もひと悶着あった方が映画ストーリーとしては盛り上がります。

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのリードってどんな人物?

ではボヘミアンラプソディでプロデューサー、マネージャーとして登場したジョン・リードはどんな人なのでしょうか?

ボヘミアンラプソディ内でも語られていた部分も併せてご紹介してきましょう。

名前:ジョン・リード

表記:John Reid

生年月日:1949年9月9日

年齢:71歳

職業:音楽マネージャー

スコットランドで生まれたジョン・リードはQUEEN(クイーン)のマネージャーでとエルトン・ジョンのマネージャーも兼任していたすごい人物。

と同時にエルトン・ジョンの愛人でもあったというさらにすごい人物なんです!

19歳の頃にはすでにイギリスの音楽レーベルでマネージャー業をしていたジョン・リード。

1971年にはコツコツと貯めてきたお金と融資で自分の音楽会社をスタートさせた実業家で、QUEEN(クイーン)のマネージャーをしていた期間はその4年後の1975年から。

マネージャー期間は3年だったといいます。

というか20歳前後で自分でお金を貯めて融資をもらって会社たてるってなかなかエリートコースですよね(@@)

そんなリードが立ち上げた会社の最初のお客さんだったのがエルトン・ジョンで、当初はビジネス関係だったのがいつのまにかラブロマンスな関係になったそうで。

5年の交際後に破局しますが、その後もマネージャーとしての関係は継続されましたが仕事上のトラブルが原因で訴えられてしまうことになるという泥沼関係に発展してしまいました。

実際には映画ボヘミアンラプソディのQUEEN(クイーン)のマネージャーのジョン・リードというよりは、映画ロケットマンのエルトン・ジョンのマネージャージョン・リードとしての方が知名度は高いかも知れません。

というのもジョン・リードはQUEEN(クイーン)よりもエルトン・ジョンとの関係の方が濃かったため、エルトン・ジョンの半生を描いた映画ではかなり重要な役柄で役どころで出演しています。

QUEEN(クイーン)のマネージャー歴は3年ですが、エルトン・ジョンのマネージャー歴は28年間ですからね。

 

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのリードは現在もマネージャー業してるの?

ジョン・リードは現在、マネージャー業から退いており誰のマネージャーでもありません。

1,999年に引退したそうで現在はオーストラリアに住んでおり、現地で大人気の音楽オーディション番組で審査員として登場したりすることもあったそうで。

ボヘミアンラプソディでマネージャーとして描かれていたリードはマネージャーを引退していながらも、音楽に携わった生活を送っているようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「ボヘミアンラプソディのリードがクビの理由は?現在もマネージャー業してるの?」としてお送りしました。

映画ボヘミアンラプソディのリードがクビになった理由は、フレディにソロ活動をそそのかして激怒されたからでした。

しかし、本当の理由はリードが忙しすぎたことが原因だったのでQUEEN(クイーン)との関係は良好でした。

現在はマネージャー業はしていませんが、オーストラリアで音楽に携わった生活をしているようです。

記事を最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク