歌手

バンプなないろ歌詞の意味を解説!天気と夢がリンクしてる?

バンプなないろ歌詞の意味は?おかえりモネ物語との関係は?
スポンサーリンク
Pocket

「バンプ(BUMP OF CHICKEN)なないろ歌詞の意味を解説!天気と夢がリンクしてる?」としてお届けする今回。

清原果耶さんが主演の連続テレビ小説「おかえりモネト」が始まりましたね!

ストーリーも去ることながら、主題歌がバンプ(BUMP OF CHICKEN)が歌っている「なないろ」、この歌詞の良さも話題になっています。

ヒロインが気象予報という天気に向かい合っていくヒューマンドラマだけに、バンプ(BUMP OF CHICKEN)のなないろの歌詞に込められた意味が知りたいという方も多いでしょう!

ということで今回は発売日やMVも併せて「バンプなないろ歌詞の意味を解説!天気と夢がリンクしてる?」をお送りいたします。

 

スポンサーリンク

バンプなないろの歌詞を紹介!

バンプ(BUMP OF CHICKEN)が歌う、なないろの歌詞をご紹介したいと思います。

なないろ

唄:BUMP OF CHICKEN

ヤジロベエみたいな正しさだ
今この景色の全てが
笑ってくれる訳じゃないけど
それでもいいこれは僕の旅

昨夜の雨のことなんか 覚えていないおひさまを
昨夜できた水たまりが映して
キラキラキラキラ  息をしている

高く遠く広すぎる空の下 おはよう
僕は昨日からやってきたよ
失くせない記憶は傘のように
鞄の中で出番を待つ

手探りで今日を歩く 今日の僕が
あの日見た虹を探す この道を
疑ってしまう時は教えるよ あの時の心の色

おかえりモネのヒロインが天気と真剣に向き合い、仕事を通して成長していくというストーリーから、バンプ(BUMP OF CHICKEN)が歌うなないろの歌詞もそのストーリーに沿って作詞されている感じですよね。

メロディラインも歌詞もとっても爽やかな感じがします!

 

スポンサーリンク

バンプなないろ歌詞の意味を解説!

ではバンプ(BUMP OF CHICKEN)なないろの歌詞について考察していきたいと思います。

作詞作曲もバンプ(BUMP OF CHICKEN)が行っています。

バンプの世界観といえば非常に独特で、そして心が温まるような歌詞が多いと思いませんか?

実際にバンプ(BUMP OF CHICKEN)のなないろを聞いた、おかえりモネの制作陣も撮影の準備をしていた日にデモテープが送られてきたといいます。

それを初めて聞いた時、軽やかなメロディと胸に突き刺さるような温かい歌詞にめちゃくちゃ感動したそうです。

その歌詞がまた、おかえりモネのストーリーとピッタリだったのもさらに感動した要因だったらしく、バンプの作詞作曲の実力の凄さを改めて体感したといます。

確かに歌詞とメロディ全体が温かくて、聞いている人の心をふんわりと包み込んでくれるような1曲に仕上がっていますよね。

ではバンプ(BUMP OF CHICKEN)のなないろの、歌詞にはどういう想いが込められているんでしょうか?

 

スポンサーリンク

バンプなないろAメロディの歌詞の意味は決意表明?

おかえりモネの主題歌のバンプが歌うなないろの歌詞の意味を解説してみたいと思います。

まずは、冒頭の歌詞の意味を解説していきますね。

ヤジロベエみたいな正しさだ
今この景色の全てが
笑ってくれる訳じゃないけど
それでもいいこれは僕の旅

ヤジロベエという若者には耳慣れない歌詞から始まる、バンプのなないろ。

ヤジロベエとは日本に昔からある伝統的なオモチャで人形で、胴の先が細くなってて左右に伸びた手の先っちょに付いた重りでバランスをとって、倒れない仕組みになっているオモチャ。

今自分の目に映っている全ての物事、周りのひとたちが、まるでヤジロベエのように絶妙なバランスをとって正しく動いている。

それらが全て、または全員が応援してくれるわけじゃないけど、自分自身が信じた道を行こう。

だって自分の人生だから、誰になにを言われても良いんだ。

出だしの歌詞から柔らかいながらも、決意の強さが伝わってくるような歌詞ですね。

 

バンプなないろBメロディ歌詞の意味は経験?

決意の表れから続く歌詞の意味を考察していきましょう!

昨夜の雨のことなんか 覚えていないおひさまを
昨夜できた水たまりが映して
キラキラキラキラ  息をしている

高く遠く広すぎる空の下 おはよう
僕は昨日からやってきたよ
失くせない記憶は傘のように
鞄の中で出番を待つ

冒頭の部分はAメロでの歌詞の意味「誰になにを言われても気にしないさ」の部分と繋がってるんじゃないでしょうか?

太陽は雨のことを全然気にしてないし、むしろその雨を利用してみんなにキラキラ光った美しい景色を見せている。

そんな強い太陽がいる空はどこまででも繋がていて、数え切れないほどの人たちがその空の下で朝を迎える毎日を送っている。

過去にあった辛い経験も、いつか来る辛い体験に備えて記憶の中で眠っている。

自分がこれまでに味わってきたしんどい出来事は全て無駄ではなく、次に活きる糧となっているという意味じゃないでしょうか。

このパートでも「辛い経験、いつでも来いよ!」っていう決意がうかがえますよね。

 

スポンサーリンク

バンプなないろサビの歌詞の意味は天気と人生のリンク!

ではサビの部分の歌詞の意味は??

手探りで今日を歩く 今日の僕が
あの日見た虹を探す この道を
疑ってしまう時は教えるよ あの時の心の色

自分の夢を叶えるために必死に毎日を過ごしている自分。

最初はやってやるぞと意気込んでも、夢を叶えるためには辛い道のりの方が多いと思います。

弱気になることもあるでしょうし、本当にこの選択で良かったのかなと迷ってしまうときもあります。

そんな時は初心を思い出して、なぜその夢を追いかけているのか。

バンプ(BUMP OF CHICKEN)のなないろの歌詞の意味は、雨はこれまでの経験を、傘はその経験によって得た強さを、そして虹は夢を表している

まさに夢を追いかける人へのエールソングだったんですね!

 

バンプなないろはいつ発売される?

気になるのがBUMP OF CHICKENのなないろ発売日、リリース日はいつなのかということですよね。

2021年5月17日時点で発売日はまだ発表されていませんが、おそらく6月から7月中には発売されるのではないでしょうか?

というのも前回の朝ドラの主題歌が初回放送から2ヶ月後に発売されたので、BUMP OF CHICKENのなないろの発売日も2021年7月17日頃ではないでしょうか。

このあたりも情報が入り次第随時更新していきますね!

 

バンプなないろのミュージックビデオは?

おかえりモネの主題歌であるバンプ(BUMP OF CHICKEN)のなないろのMVですが、2021年5月17日時点ではまだ公開されていません。

これは情報が入り次第、随時更新していきますね!

 

バンプなないろの歌詞はおかえりモネとリンクしている?

冒頭でもご紹介した通りバンプ(BUMP OF CHICKEN)なないろは、おかえりモネのために作られていた曲です。

主題歌として依頼が来た時のことを、バンプはこのようにコメントしています。

この度はNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌を担当させていただくことになりまして、大変光栄に思います。

昨年の夏頃、楽曲の制作に取りかかる前に、ドラマの制作スタッフの皆様の作品づくりにかける思いを聞かせていただく機会があり、その熱量に一同強く心を打たれ、共感しました。

このドラマを視聴者の皆様の朝にお届けするときに僕らの楽曲「なないろ」が少しでもそのお役に立てたらと思います。

放送を楽しみにしています。

引用:おかえりモネ公式

おかえりモネのヒロインが夢を追いかけて頑張っている姿と、そのドラマを作っている裏方のスタッフたちの情熱を重ね合わせて作った歌詞のようですね。

おかえりモネの舞台となっているのは東日本大震災で被災した宮城県で、ヒロインは気象予報士を目指す女の子。

おかえりモネのストーリーだけではなく被災地、夢を追いかけるヒロイン、スタッフの3つがキーポイントとなって歌詞が作られているようです!

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「バンプ(BUMP OF CHICKEN)なないろ歌詞の意味は?天気と夢がリンクしてる?」としてお送りしました。

バンプ(BUMP OF CHICKEN)なないろ歌詞の意味は、自分の夢を追いかけ続けるために頑張っている全ての人に向けたエールソングということがわかりました。

朝にピッタリな軽やかな曲調と歌詞、それに切な爽やかな歌声がマッチして元気になれるって感想がとても多かったです!

歌詞の感想も多かったのですが、東京ではおかえりモネの初回放送日に虹がかかったようで、まさに「なないろ」状態となっていたことも話題になっていました!

さすがバンプです(笑)

スポンサーリンク