歌手

ファンモンDJケミカルの実力は?スクラッチが上手いし作詞作曲もしてた?

ファンモンDJケミカルの実力は?スクラッチが上手いし作詞作曲もしてた?
スポンサーリンク
Pocket

ファンモンがDJケミカルを抜いた2人で復活するということで話題になっていますが、そんな中DJケミカルさんの実力は本当にあったのか?という声もあがっています。

実はスクラッチなどのDJプレイが上手いし作詞作曲もしてたという噂は本当なのか?

ということで今回は「ファンモンDJケミカルの実力は?スクラッチが上手いし作詞作曲もしてた?」としてお送りします。

 

スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルの実力は?

2021年3月11日に放送された音楽の日で、3人でのファンキーモンキーベイビーズが一夜限りの復活を果たしましたが、その際に久しぶりに見るDJケミカルさんの役割がやっぱりわからないという声が多くありました。

検索ワードにDJケミカルと入力すると「いらない」「意味」などといったワードが出てくるほどです。

たしかにファンモンがテレビで曲を披露する時、DJケミカルさんはスクラッチなどのDJプレイをするわけでもなく、手をたたいたりして盛り上げているだけなことが多かったですし、一夜限りの復活の時も実際そうでした。

しかし、そのDJケミカルさんの実力はすごすぎるんですよね。

 

スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルのスクラッチが上手い!

ファンモンをよく聞いている人の中でもDJケミカルさんのDJプレイやスクラッチが上手いということを知らない人が多いのですが、実はDJケミカルさんは現役当時は各クラブでDJプレイを披露してもうらよう依頼されるほど、実力のあるDJだったんです。

ファンモン解散する前にライブハウスで行われたDJケミカルさんのスクラッチがこちら!

なんか雰囲気が違う!

私達が知っているDJケミカルさんとは違ってめちゃくちゃカッコいいですよね。

 

スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルがスクラッチを披露しない理由は?

これはDJケミカルさんの信念からなるもので、実は奥が深い話なんです。

デビュー当時、某音楽番組に出演したファンモン。

DJケミカルさんはこの頃からスクラッチなどDJとしての実力は披露せず、終始踊っているだけで終了したのですが、それを見た視聴者からDJケミカルさんの存在の意味、実力はあるのかといった問い合わせが殺到!

それを受けた番組側はDJケミカルさんのDJプレイを披露するためのコーナーを設けたのですが、いざ曲が始まると結果踊って終わるという偉業を成し遂げたんです笑

 

DJケミカルの音楽の信念が深すぎる

なぜここまでして人前でDJケミカルとして実力を披露することを拒絶するのか。

理由はシンプルで、DJプレイをすると真剣になり顔が怖くなってしまうからなんだそうです。

DJケミカルさんはファンキーモンキーベイビーズの音を120%楽しんでもらうために、自分が考えられる不安要素は排除して聞いてくれる人が楽しい気持ちになるように、ある意味ピエロのような存在を買って出たんですね。

これだけで、DJケミカルさんのとっても優しく相手を思いやる心遣いができる人だということが伝わってきますよね。

 

スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルは作詞作曲もしてた?

ファンキーモンキーベイビーズの全盛期頃は作曲にいろんな人がかかわっていますが、作詞作曲は必ずファンキーモンキーベイビーズの名前が入っています。

ということは作詞もDJケミカルさん含めたそれぞれのメンバーで考えたということですし、作曲に関してもDJケミカルさんが自身でトラックを作り、西日と影法師という曲や僕はサンタクロースという曲に使用しているんです。

 

DJケミカルはイラストも描ける?

ファンモンのメンバーであるモン吉さんがソロ活動を行っている際、アルバムを出されているのですが、そのジャケットのイラストはDJケミカルさんがモン吉さんの似顔絵を描いたもの。

このイラストがまた味があってとってもいい感じなんですよね♪

DJケミカルさんの真の実力が多才すぎてヤバいっす( ゚Д゚)

 

スポンサーリンク

ファンモンDJケミカルについてみんなの感想は?

ファンモンの復活は嬉しいけどDJケミカルさんがいないのがさみしいという声が圧倒的に多かったですね。

やっぱりセンターでめちゃくちゃ楽しそうにしているDJケミカルさんがいてるから、ファンモンの曲がより一層盛り上がるのは事実ですし。

 

まとめ

ということで今回は「ファンモンDJケミカルの実力は?スクラッチが上手いし作詞作曲もしてる?」としてお送りしました。

ファンモンのDJケミカルさん真の実力は、スクラッチがめちゃくちゃ上手いということがわかりました。

作詞や作曲はもちろんですが、イラストまでかける多才ぶりを見れなくなるのはやっぱり悲しいですよね。

スポンサーリンク