J-POP

GReeeeNアカリ歌詞の意味は?PVフル動画も紹介

GReeeeNアカリ歌詞の意味は?PVフル動画も紹介
スポンサーリンク
Pocket

高視聴率を叩き出している日曜劇場TOKYO MERですが、そのドラマの良さを際立たせてくれているのがGReeeeNが歌う主題歌のアカリ。

そのポジティブな歌詞とリズム、そしてTOKYO MERのちょうどいい場面でGReeeeNアカリが流れることも相まって、毎度泣いてしまうなんて人もいるはず。

そんなTOKYO MERの主題歌のGReeeeNアカリの歌詞にはいったいどんな意味が隠されてるのかを解釈していこうということで「GReeeeNアカリ歌詞の意味は?PVフル動画も紹介」としてお送りします。

 

スポンサーリンク

GReeeeNアカリ歌詞を紹介!

TOKYO MERの主題歌となっているGReeeeNアカリですが、劇中で流れるタイミングが抜群!

そしてその歌詞がまたTOKYO MERの内容とマッチしていてめちゃくちゃ泣けますよね。

では具体的にはどんな歌詞なのかをご紹介して行きたいと思います。

アカリ

歌:GReeeeN

この世界が暗闇に飲み込まれても

君がいるから

dont cry

もう泣かなくていい

毎回君に救われてきた

何百回 永久に永久に

君は墨の世界守るヒーロー

YES or NO

鐘鳴らし勇気出して

dont  stop 次々に進めよ

今日だって過ぎ去って

everythings gonna be alright yeah!!

everythings is食らうsick

涙がプラスチックみたいに

無味無臭な現代人

あっちの方からこっちの方に

聞こえる誰かのリアルなStory

everythings gonna be alright

そういうものに 私はなりたい

今現在と過去と未来

show you 輝く命とプライド

let me here say

アップテンポなリズムとGReeeeNの特徴的な歌声がアカリの歌詞とめちゃくちゃマッチしていて、聞いているだけで鳥肌がたってしまうのは私だけでしょうか?

 

スポンサーリンク

GReeeeNアカリ歌詞の意味を考察!

現時点で判明しているGReeeeNアカリの歌詞についてご紹介していくと同時に、その歌詞の意味はどんな解釈ができるのか?

私なりにGReeeeNアカリの歌詞の意味を解説していきたいと思います。

dont cry

もう泣かなくていい

毎回君に救われてきた

何百回 永久に永久に

君は墨の世界守るヒーロー

3行目のGReeeeNアカリの歌詞に注目してほしいのですが、毎回君に救われてきたというフレーズがありますよね。

ということはGReeeeNアカリは「今までずっと助けられてきた人物が、助ける側になった視点」で歌詞が書かれていることがわかります。

これまでずっと助けてくれた自分にとってはヒーローのような存在の人がピンチになった時に今度は自分が励ます番だという思いが伝わってきます。

サビの前半の歌詞だけでもとても温かい気持ちが込められているのが伝わってきますよね。

YES or NO

鐘鳴らし勇気出して

dont  stop 次々に進めよ

今日だって過ぎ去って

everythings gonna be alright yeah!!

なにか決断することに迷っているんでしょうね。

立ち止まらずに進んで行こうとエールを送っていることがわかります。

悩んでも待っているのは進むか止めるかの2択しかないんだから、どうせだったら1歩進んでみよう!!

悩み抜いた毎日だっていつか過去になって笑える日がくるんだからなにも心配いらないよ!

GReeeeNアカリの歌詞は「迷って立ち止まっている人を暖かく励ましてくれるエールソング」ということがわかりますよね。

最後はラップ部分の歌詞の意味です。

everythings is食らうsick

涙がプラスチックみたいに

無味無臭な現代人

あっちの方からこっちの方に

聞こえる誰かのリアルなStory

everythings gonna be alright

そういうものに 私はなりたい

今現在と過去と未来

show you 輝く命とプライド

let me here say

さすがGReeeeN、リズムにマッチする歌詞をきれいに韻を踏んでラップしていますよね。

このアカリのラップ部分はSNSでの情報発信が主流になった今、たぶん悪い意味でいろんな声が聞こえて心が病んでしまいそれが原因となって最悪の事態になることが増えていることを懸念していますよね。

どんな誹謗中傷を受けてもすべて全然OKといえる人になれるのが理想だけど、現実はそうではない。

嫌な情報を発信する側にもこれまで紡がれてきた命とかつて存在していた日本人の誇りを思い出してほしい。

そんな意味がアカリのラップ歌詞に込められているんじゃないでしょうか。

 

GReeeeNアカリがTOKYO MER主題歌になった経緯は?

GReeeeNがTBSドラマの主題として選ばれたのは約13年ぶり!

その時主題歌となったドラマは青春もので、その曲がキッカケとなって世の中にGReeeeNの名前を知らしめることになったのでTOKYO MERの主題歌はGReeeeNの原点回帰とも言えますよね。

TOKYO MERの主題歌にGReeeeNが選ばれた際にGReeeeNが意識したのは「世の中の全員がヒーローになれる可能性があることを伝えたい」というもの。

タイトルとなる「アカリ」にはいろんな意味が込められているようで、街の電灯などのアカリや家族が待つ家のアカリなどいろんなアカリがあるなかで、人によってどのアカリに励まされるかは違いますよね。

聞く人によっていろんなアカリの解釈ができる応援ソングをTOKYO MERの内容に沿って作詞したそうです。

憧れのあの人もヒーローですが、あなたも誰かにとってのヒーローです。

ドラマの中でも鈴木亮平さん演じる主人公の喜多見幸太だけでなく、周りの仲間たちそれぞれがお互いを照らし合い、支え合っています。

皆さんも同じです。
だから、何があっても大丈夫。
Everything’s gonna be alright !!

GReeeeNのこれまでの曲のように明るくポジティブに捉えることができる歌詞とTOKYO MERの内容がめちゃくちゃマッチしていて聞いているだけで1日、1日が頑張れそうな曲に仕上がっていますよね。

 

スポンサーリンク

GReeeeNアカリの歌詞についてみんなの感想は?

確かにまだTOKYO MERの終盤のいち部分でしか聞けてないのに歌詞が印象深くて覚えやすいですよね。

GReeeeNの作詞作曲スキルが高いこともここからうかがい知ることができます!!

 

スポンサーリンク

GReeeeNアカリのPVフル動画は?

こちらは2021/07/21時点でまだ公開されていません。

GReeeeNアカリは7月26日に配信リリースが決定しているので近々PVフル動画も公開されるでしょうね。

どんなPVの内容になっているのかが楽しみですね!!

 

まとめ

今回はGReeeeNアカリ歌詞の意味は?PVフル動画も紹介!ということでお送りしました。

GReeeeNの原点ともいえるTBSのドラマの主題歌となったアカリの歌詞の意味を考察してきましたが、サビの部分だけでもかなり十分に応援ソングとしてやる気がみなぎってくるのは私だけでしょうか(笑)?

PVフル動画もきっと感動的なものになるでしょうし、全歌詞の公開も待ち遠しいですね!

スポンサーリンク