映画

花束みたいな恋をした最後なぜ別れた?その後も考察!

はな恋映画ネタバレ結末!ラストなぜ別れたか考察!
スポンサーリンク
Pocket

映画不況と言われてるなかで、あのオバケ映画鬼滅の刃を2週連続で抜いて第1位にランクインした「花束みたいな恋をした」。

通称はな恋の映画を見た人の感想で「最後になぜ別れたの?」という声が非常に多くあがっていますよね。

その結末について様々な考察をする人もいますが、私もネタバレ含んだ見解と、麦くんたちのその後の考察内容をお送りしたいと思います。

ということで今回は「花束みたいな恋をした最後なぜ別れた?2人のその後も考察!」としてお届け!

最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

花束みたいな恋をした映画結末ネタバレ!

ここからは映画花束みたいな恋をしたのネタバレも含む内容になるので、まだ見てない人や結末を知りたくない人は読まないでくださいね。

では、まずは映画花束みたいな恋をしたのネタバレを含むあらすじを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

花束みたいな恋をした映画のネタバレあらすじは?

どこにでもいる平凡な大学生の麦くん、交通調査のアルバイトなどして過ごす一方で、Googleストリートビューを見るのが好き、特に情熱をかけることなく普通の毎日を過ごしていました。

一方、映画と小説とお笑いが好きな大学生の絹。

そんな普通の大学生が主人公の花束みたいな恋をした。

ある日の夜、麦くんと絹は終電に乗るために改札までダッシュするんですが間に合わず、乗り過ごしてしまいます。

それがキッカケとなり、二人は居酒屋で意気投合!

小説や映画はもちろん、お互いがお笑い好きという共通点をたくさん見つけて、めちゃくちゃ盛り上がるんですね。

かなり特殊な趣味を持っている麦くんですが、その趣味に興味深々な絹。

共通の趣味がキッカケで麦くんの部屋に行くことになって、絹がこたつで寝てしまっても、そっと毛布をかけるほど純愛な展開なんですが、その後何度かのデートを重ねて麦くんは絹に告白し、その帰り道に初めてのキスを交わすのです。

その後はいろんな場所に行ったり、同棲を始めて二人で猫を飼ったりと最高の日々が続くのですが、肝心な就活をおろそかにしてしまい、結果、麦くんはイラスト描きのバイト、絹はジェラート屋でフリーターという道を選択します。

とはいえ、生活面や将来のことを考えるとこのまま収入が安定しない状況ではよくないと考え始める2人。

無事に麦は正社員の仕事を見つけるのですが、多忙で2人の時間も失っていくことになります。

一方で絹も転職をするも今まで通り自分の時間を確保できる仕事。

これがキッカケでだんだんと2人の間にすれ違いが生まれてくるんですね。

 

花束みたいな恋をした映画の結末は?

プライベートの時間もきちんとある絹と、仕事が忙しくてそれ泥ではない麦くんのすれ違いはどんどん大きくなり、会話もなくなってしまいます。

そんな中共通の友人の結婚式に呼ばれた2人は、その友達の結婚という温かい気持ちのまま、2人の関係に終止符を打つことを決意するのです。

翌年、あるカフェで1つのヘッドホンをそれぞれ分け合って音楽を聴こうとしているカップルが。

新しい彼女といた麦くんは、そのカップルを見て「それだと本当の音楽を聴けない」と、カップルの元へ行きます。

そこで同じように、そのカップルに近づいてきた女性がいました。

絹です。

絹も新しい彼氏とカフェに来ており、麦くんと同じようにそのカップルに声をかけようとしていたんです。

久しぶりに再会した麦くんと絹は、それぞれ新しい道を進んでいました。

お互いに声をかけずに、今の恋人のところへ戻り話し始めます。

数日後、麦くんの趣味であるGoogleストリートビューで、絹との思い出の地である多摩川沿いを見ていると、仲の良かった頃の麦くんと絹の姿がありました。

 

スポンサーリンク

花束みたいな恋をした最後になぜ別れた?

予告でも流れていましたが「この結婚式が終わったら別れよう」というセリフ、本来なら予告でこういうセリフを出しておいて、本編では別れないというのが定石ですが、花束みたいな恋をしたのカップルは本当に別れてしまいます。

なぜ別れてしまったのかは、この映画を見た人、または先ほどご紹介したカップルの気持ちの変化を体験したことがある人なら理解できると思いますが、これといった原因ってないんですよね。

カップル同士お互いがお互いのことを想いあって、一生懸命に考えた結果がすれ違ったり、誤解を生んでしまったり。

それが積もり積もってだんだんと疲弊していってしまう。

そこで思うのは「いつの間にこんな風になったんだろう」「なんでこうなっちゃったんだろう」って気持ち。

お互いに全力で好きになっただけに、そう思ってしまうと負の連鎖に陥ってしまい、だんだんと話し合わなくなってしまう。

でもこの映画花束みたいな恋をしたの素晴らしいところは、そのラストの結果ではなく、ラストに行きつくまでのなぜ別れることになったかという過程と、ラストの終わらせ方の描写なんです!

全身全霊で恋をしたリアルな若者の気持ちと現実を見事に描いている作品は、どの年代のひとが見てもいろんな気持ちにさせ、考えさせてくれる映画になっています!

 

スポンサーリンク

花束みたいな恋をしたなぜ別れたかみんなの反応は?

なぜ別れてしまったの( ゚Д゚)という悲しいラストではなく、別れはありながらも、気持ちいいラストだったという感想がおおいですよね。

 

スポンサーリンク

花束みたいな恋をした2人のその後を考察!

花束みたいな恋をしたの映画のラストシーンでは、麦くんと絹にはそれぞれ新しい彼女、彼氏がいてました。

2人のその後は、それぞれ新しい道を進んでいくことになるのですが、花束みたいな恋をしたの脚本家の坂元裕二さんが、インタビューでこう語っています。

 土井監督は『花束みたいな恋をした』の続編をやりたいって言っていました。

30代の麦と絹が観たいそうですが、5年後なんてあっという間ですからね。

30代の恋というのもなかなか辛いものがあると思うので、『それはきついんじゃないですか?』と伝えたんですけど、土井さんはあまり普段こういうことを言わないのでよっぽどやりたいんだと思います。

引用:映画ログプラス

興行収入的にもそうですし、監督自身がその後を描きたいというのであれば、麦くんと絹のその後がどうなったかを描いた物語が上映される可能性もあるんではないかなと思います。

元カレ、元カノと再会して復縁するって実際によくある話ですし、2025年に30代の麦くんと絹の恋が再び始まるなんてこともあるかもしれません!

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「花束みたいな恋をした最後なぜ別れた?2人のその後も考察!」としてお届けしました。

恋愛映画にハッピーエンドはつきもので、あり得ない出会や結末が多いなかで、かなり現実的に展開した「花束みたいな恋をした」でしたが、にキャストの演技力も相まって、見る人全てが引き込まれてる内容になっていることがわかりました。

別れるということは、決してマイナスではない、お互いの成長やその後のステージに行くためにも必要な場合もあったりするものですよね。

さらに2人のその後を描く可能性もゼロではないことがわかったので、今後の展開も楽しみ!

「花束みたいな恋をした最後なぜ別れた?2人のその後も考察!」を最後までお読みいただきありがとうございました。

他にもはな恋映画のロケ地やジンクスについての記事もありますので、よろしければご覧になってください。

スポンサーリンク