エンタメ

橋本聖子現役時代の太ももとメガネ姿やばい!画像も紹介!

橋本聖子現役時代の太ももとメガネやばい!現在はカラコン?
スポンサーリンク
Pocket

橋本聖子さんがオリンピック組織委員会の新会長の就任が決定しました。

最近それにともなって橋本聖子新会長の若い頃や現役時代のVTRが流れることが多く、なかでも現役時代太ももとメガネ姿が印象的な人もいるのではないでしょうか?

あのメガネがいつの間にかなくなり、カラコンにしたそうなのですがそれについて今回は「橋本聖子現役時代の太ももとメガネ姿やばい!画像も紹介!」としてお送りしたいと思います。

 

スポンサーリンク

橋本聖子現役時代の太ももが太すぎる!画像も紹介!

オリンピック委員会の会長として過去の経歴を紹介されている橋本聖子新会ですが、とにかく若い頃、現役時代の太ももが太すぎるんです。

未だにYahooやツイッターでも「橋本聖子 太もも」という検索ワードが出てくるほど、橋本聖子新会長の若い頃の現役時代を知る人にとっては印象深いということなんだと思います。

ではまず、橋本聖子新会長の若い頃、現役時代の太ももの画像を紹介したいと思います。

この筋肉のたくましさは確かにヤバいですよね。

今の姿からは想像できないくらいの太ももの筋肉と、アスリート感(めちゃくちゃアスリートなんですけどね笑)!

 

スポンサーリンク

橋本聖子の太ももづくりのトレーニングがハードすぎる?

1979年当時、史上最年少で全日本のジュニア選手権で優勝したという橋本聖子会長候補。

オリンピックの出場回数の多さが伝説となっていますが、それを支えていた太ももを作り上げたトレーニングがすさまじい内容なんですよ。

例えば10キロの重りをつけて階段をうさぎ跳びで登りおりすることをひたすら繰り返したり、ラップを巻いた状態で富士山の5合目というすさまじい高さでトレーニングをしたり!

これ聞いただけで吐き気がしそうな、めちゃくちゃハードなトレーニングですよね…。

そんな想像を絶するハードトレーニングを繰り返した結果、若い頃現役時代の太ももは62センチというおどろきの太さ!

もちろんデニムなんか履けるわけもなく、股ずれもひどかったそうです。

そこまでしないとメダリストにはなれないということなんでしょう!

 

スポンサーリンク

橋本聖子現役時代のメガネがでかすぎる?

橋本聖子会長候補の若い頃、現役時代といえば印象的なのがメガネ、あの特徴的なメガネは元野球選手の古田さんも若い頃されていましたから、当時は流行っていたんでしょう。

当時はこのメガネをトンボメガネと呼んでいたそうで、橋本聖子会長候補の若い頃、現役時代は「トンボメガネの五輪選手」と言われていたそうです。

最近、若い子の間でも丸メガネは流行ってますよね(もう少しフレームは細いですが)。

橋本聖子新会長が現役時代を終える頃からは、メガネからカラコンになったと言われています。

個人的にはあのでかすぎる丸メガネ好きなんですけどね笑

 

橋本聖子は現在はカラコン?

一部SNSでは橋本聖子新会長について、このような声がありました。

橋本聖子五輪相のカラーコンタクトがでかすぎて気持ち悪くないですか?

なんでも黒目の大きさが異常にでかすぎるということなんですが、どうでしょうか?

確かにそういわれてみれば黒目が大きいような気がしますね。

 

スポンサーリンク

橋本聖子新会長についてみんなの反応は?

橋本聖子新会長の若い頃、現役時代を知ってる人とそうでない人で賛否両論ありますが、個人的には誰がなるというより、なった後にどう動いてくれるかが重要だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「橋本聖子現役時代の太ももとメガネ姿やばい!画像も紹介!」としてお送りしました。

橋本聖子新会長の若い頃、現役時代の太ももの太さはオリンピック多数出場、メダル獲得するために激しいトレーニングをした結果であり、その内容が想像を絶するもだということもわかりました。

現役時代や若い頃にかけていた丸メガネはカラコンに変化していますが、橋本聖子新会長には現役時代の心構えを思い出し、若い頃と変わらずアスリートに寄り添って責務を全うしてほしいですよね。

橋本聖子現役時代の太ももとメガネ姿やばい!画像も紹介!を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク