歌手

藤井風の旅路歌詞の意味解説!MVやコード・リリースいつかも紹介!

藤井風【旅路】歌詞の意味は?にじいろカルテと関係がある?
スポンサーリンク
Pocket

「藤井風の旅路歌詞の意味解説!MVやコード・リリースいつかも紹介!」としてお届けする今回。

シンガーソングライターの藤井風さんがその独自の世界観を描いた歌詞で話題沸騰【旅路】が、にじいろカルテの主題歌に選ばれていましたね。

にじいろカルテが命と向き合うというヒューマンドラマだけに、歌詞とドラマとどんな関係があるのか、どんな曲で歌詞の意味の考察が知りたいという方も多いかもしれません。

ということで今回はにじいろカルテ主題歌の藤井風【旅路】歌詞の意味を解説しつつ、にじいろカルテストーリー展開と関係があるのか?をお送りいたします。

気になるMV、ギターコードもご紹介したいと思います。

「藤井風の旅路歌詞の意味解説!MVやコード・リリースいつかも紹介!」をぜひ最後までお読みいただければ幸いです!

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路の全歌詞紹介!

現時点で判明している藤井風さんの旅路の全歌詞がこちらです!

旅路

作詞作曲:藤井風

 

あの日の事は忘れてね
幼すぎて知らなかった
恥ずかしくて消えたいけど
もう大丈夫 旅路は続く

あの日の事は忘れるね
みんなだって彷徨ってた
この宇宙が教室なら
となり同士 学びは続く

果てしないと思えても
いつか終わりが来ると
知らなかった昨日までより
優しくなれる気がした

あぁ 僕らはまだ先の長い旅の中で
誰かを愛したり忘れたり
いろいろあるけど

あぁ いつの間にか
この日さえも懐かしんで

すべてを笑うだろう
すべてを愛すだろう

 

お元気ですか
この街は相変わらず青春です
誰もが皆走ってますまだ見えない旅路の先へ

お元気ですか
僕たちはいつになれど少年です
心の奥底ではいつも永遠を求めています

果てしないと思ってたものがここにはないけど

目にしてきた手に触れてきたすべてに意味はあるから

あぁ 僕らはまだ先の長い旅の中で
誰かを愛したり忘れたり
いろいろあるけど

あぁ これからまたいろんな愛を受け取ってあなたに返すだろう

永遠なる光のなか全てを愛すだろう

 

藤井風さんらしい歌詞の雰囲気と思うのですが、皆さんはどう思いますか?

これ以外の藤井風さんの旅路の歌詞については、判明次第随時更新していきますね!

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路の歌詞の意味を解説!

ここでは藤井風さんの旅路の歌詞について考察していきたいと思います。

そもそも藤井風さんの歌詞には独自の価値観が現れています。

過去の作品のなかでも人生観や死生観について書いた歌詞が多く、普段何気なく使っている言葉をその価値観に当てはめて置き換えていることが多いんです。

例えば死に向かう、生きるという意味の歌詞を「帰ろう」という表現にしたり、一見するとなにごともないような歌詞も非常に奥深い意味が詰まっているんです。

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路・Aメロ歌詞の意味を解説!

では、藤井風さんの作詞の価値観を理解したうえで、旅路の歌詞を考察と私なりに解説してみたいと思います。

まずはAメロの部分から!

あの日の事は忘れてね
幼すぎて知らなかった
恥ずかしくて消えたいけど
もう大丈夫 旅路は続く

あの日の事は忘れるね
みんなだって彷徨ってた
この宇宙が教室なら
となり同士 学びは続く

曲の出だしは、今まで生きてきた中で自分がおかしてしまった失敗のこと。

無知によって当たり前のように発していた言葉や、経験のとぼしさによる自分の行動。

それによって周りを傷つけたり心配させてしまった。

でもそれって自分だけじゃなくて、周りのみんなもそうだよっていう藤井風さんからのメッセージなのではないでしょうか。

自分もそうだし、みんなもそう、だからそんなことは忘れてしまってるから過去の失敗を引きずらなくても大丈夫だよ。

教室はこの世の中を表現していて、隣どうしは、席が近い。

つまり、「人間はお互いの言動を近くで見て、それを経験として活かし学びながら人生という旅路をあるいていくんだよ」という意味だと思います。

一人で生きてるんじゃない、いろんな意味で支えあって生きていくんだってことかな。

 

藤井風の旅路・Bメロ歌詞の意味を解説!

次にBメロの部分はどうでしょうか?

果てしないと思えても
いつか終わりが来ると
知らなかった昨日までより
優しくなれる気がした

これは全ての物事の終わりを表していますね。

親や友人、恋人や仕事、今ある当たり前は当たり前じゃない。

わかっているけど、それって体験しないとわからないもの。

その「終わり」は突然やってくるけど、その「終わり」は絶対に痛みを伴うけど、痛みを知っている人は「優しくなれる」「強くなれる」。

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路・サビ歌詞の意味を解説!

いよいよサビの部分です!

あぁ 僕らはまだ 先の長い旅の中で
誰かを愛したり 忘れたり
いろいろあるけど

あぁ いつの間にか
この日さえも懐かしんで

すべてを笑うだろう
すべてを愛すだろう

旅路とは人生を歩んでいくことを表現しています。

そんな長い人生を歩いていくなかで様々な出会いや別れがある。

それは好きな人との出会いはもちろん、大切な人の死も含まれます。

いろんなことが起きる人生のなかで、その苦難を乗り越えた後につらかった思い出も、楽しく幸せだった思い出も懐かしむことができるような日は必ずくる。

その時は苦楽すべてを笑えることができるし、苦楽すべてを愛おしく感じることができる。

 

藤井風の旅路・2番Aメロ歌詞の意味を解説!

お元気ですか
この街は相変わらず青春です
誰もが皆走ってます まだ見えない旅路の先へ

お元気ですか
僕たちはいつになれど少年です
心の奥底ではいつも永遠を求めています

曲の出だしは、今まで生きてきた中で自分がおかしてしまった失敗のこと。

お元気ですかと問いかけている相手は誰なんでしょう?

自分自身の大切な人にとっての問いかけで、ここはドラマにじいろカルテの影響を受けて作詞されたのではないかと考えます。

真空が自分の母に向けての手紙のような内容で、虹の村の人たちがいろんな事情があるけど全力で生きているということ。

新天地で生活している人はもちろんですが、大切な人がいる人に当てはまる染みる歌詞ですよね。

 

藤井風の旅路・2番Bメロ歌詞の意味を解説!

次にBメロの部分はどうでしょうか?

果てしないと思ってたものがここにはないけど

目にしてきた手に触れてきたすべてに意味はあるから

果てしないと思ってたものって少し意味深な歌詞ですよね。

2番Aメロの「永遠を求めている」とリンクしており、青春が永久に続くものがどこかにあると思ってたけど、新しい場所にもそれはなかった。

でも、今まで過ごしてきた時間や経験で無駄なものなんかないんだって気づけた、そんな意味なんじゃないかと思います。

 

藤井風の旅路・2番サビ歌詞の意味を解説!

さぁ、いよいよ最後のサビの部分です!

あぁ 僕らはまだ先の長い旅の中で
誰かを愛したり忘れたり
いろいろあるけど

あぁ これからまたいろんな愛を受け取ってあなたに返すだろう

永遠なる光のなか全てを愛すだろう

1番のサビと同じく旅路とは人生、先の長い人生のなかでいろんな愛を受け取り、その分の愛情を大切な人へ返していくということを表しているんだと思います。

そして、周りからの愛情を受け取った分、その愛をまた別の人に与えていくというめちゃくちゃピースフルな歌詞で旅路は締められます。

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路の歌詞についてみんなの感想は?

1番では応援を、2番では大切な人に向けた愛を込めたメッセージを表していて、藤井風さんの旅路は「人生という旅路を歩むすべての人に対してのエールソング」なんだと感じました。

では、みなさんは藤井風さんの旅路を聞いてどんな感想を持ったのでよしょうか?

藤井風さんの旅路の歌詞をみなさんそれぞれ過去の経験に当てはまることが多く、涙なしでは聞けないという人が多くいてますね。

その気持ちめちゃくちゃわかります!

 

スポンサーリンク

藤井風の旅路のリリースいつ?

3月1日(月)の0時から、藤井風さんの旅路がリリースされることが発表され、0時を過ぎた瞬間にダウンロードする人が続出しました!

朝一で早速ツイッターのトレンドにも入っていました!

旅路がキッカケで藤井風さんの他の曲にもスポットが浴びてるようですね。

 

藤井風の旅路のMVを紹介!

藤井風さんの出身地である岡山・里庄町や母校を舞台にした旅路のmvですが、とてもノスタルジックな雰囲気が出ていますよね。

旅路のMVの監督はdutch_tokyoさんが担当されており、藤井風さんの過去作品「へでもねーよ」や宇多田ヒカルさん、米津玄師さんなど様々なアーティストのmvを撮影されている名監督です!

 

藤井風の旅路のギターコードは?

旅路のメロディラインはとても心地が良く、ついつい聞き入ってしまう美しい曲調ですよね!

歌詞と同じく、1番までしか公開されていませんが現時点で判明しているコードもご紹介しておきます。

●Aメロ
AM7 AM7/C# F#m7 DM7
Ddim E/D C#m7 Bm7
FM7 F6 AM7
AM7 AM7/C# F#m7 DM7
Ddim E/D C#m7 Bm7
FM7 F6 AM7

●Bメロ
FM7 Em Am FM7 CM7
Am/F E Am/A Am/G Am/F Am/E
Am/D Esus4 E/G#

●サビ
A9 D C#m F#m [ /E B/D# ] D9 A/C# Bm
Em/G E7
A9 D C#m F#m [ F#m E ] B/D# D C#m A7/F#
Bm [ C#m D E ] D A/C# Adim/C Bm7 A

AメロからBメロまでのコードはだんだんと落ち着いていく感じで、サビは終盤にかけてキレイに着地していくコード進行ですよね。

とても美しいメロディーラインです。

 

藤井風の旅路はにじいろカルテのストーリー展開と関係がある?

藤井風さんの旅路はにじいろカルテのために書き下ろされた曲です。

なんでも藤井風さんは、作詞するためににじいろカルテの撮影現場を訪れて高畑充希さんなどのキャストや、スタッフの方々ともコミュニケーションをとったそうです。

さらにはにじいろカルテの台本を読み込んだうえで作詞をするという徹底ぶり。

にじいろカルテというヒューマンドラマを自分なりにどう表現するべきかを真剣に考え、作られた曲なんでしょうね。

その作詞の奮闘ぶりについても、藤井風さんはインタビューでこう答えています。

ドラマの主題歌って、派手で、それこそドラマチックなイメージがありましたが、このドラマに、そーゆーのは全然合わない気がしました。だからもっと自然で、自分の内側から勝手に溢れてくるような、あったかい音楽を添えられたらなと思いました。

にじいろカルテは高畑充希さん演じる真空を通して、人と人とのふれあいを描くヒューマンドラマ。

台本や撮影現場の雰囲気などをベースに作詞していることや、旅路の2番の歌詞からも、にじいろカルテの全体的なストーリーを総括した歌ともいえますね。

 

藤井風の旅路の歌詞はにじいろカルテ結末ネタバレと関連してる?

全体的な歌詞については、にじいろカルテのストーリー展開を凝縮した内容だということがわかりましたが、にじいろカルテの結末ネタバレと関連しているんでしょうか。

旅路の歌詞を見ると、「果てしないと思えてもいつか終わりが来ると、知らなかった昨日までの日」という部分がリンクしている気がします。

それは真空自身のことなのか、それとも…。

ちなみに高畑充希さんは藤井風さんの旅路について、こう語っています。

風さんならではの、人生を少し俯瞰から、そしてゴール地点に近い場所から眺めているような曲で、初めて聴いた時に、あたたかさと同時に心地のよいドライさを感じました。この『にじいろカルテ』というドラマも、命や問題とどうやって向き合うか、そして、どうやって向き合わないか、というテーマを持った作品なので、きっとぴったりだろうな。

にじいろカルテの最終回も、前を向いて生きていこうというポジティブな内容だったので、藤井風さんが人生を歌った旅路の歌詞にぴったりでしたよね!

 

まとめ

ということで今回はにじいろカルテ主題歌・藤井風さんの【旅路】のコード、MV、リリースいつや歌詞の意味を考察と解説しました。

さらにそのうえで、にじいろカルテのストーリー展開と関係があるのかどうかをご紹介してきましたが、にじいろカルテ主題歌の藤井風さんの【旅路】に込められた歌詞の意味が、すべての旅路(人生)を歩いている人に向けた、心が温かくなるエールソングだということがわかりました。

にじいろカルテのストーリー展開と、藤井風さんの旅路の歌詞がとてもリンクしているということもわかりました!

にじいろカルテのドラマを見たことがない方は是非一度見てみてください!

皆さんなりの藤井風さんの旅路の歌詞の意味、解説はどうですか?

「藤井風の旅路歌詞の意味解説!MVやコード・リリースいつかも紹介!」を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク