歌手

JO1大平祥生はEXPG特待生!元LDHバックダンサーの実力は?

JO1大平祥生はEXPG特待生!元LDHバックダンサーの実力は?
スポンサーリンク
Pocket

JO1の魅力のひとつとて、力強いダンスパフォーマンスを思い浮かべるファンも多いでしょう。

各メンバーのダンスレベルも高いのですが、そのなかでもひときわキレッキレダンスが大平祥生。

それもそのはず、大平祥生はEXPG特待生で元LDHバックダンサーという素晴らしい経歴の持ち主!

ということで今回は「JO1大平祥生はEXPG特待生!元LDHバックダンサーの実力は?」としてその経歴を深掘りいたします。

 

スポンサーリンク

JO1大平祥生はEXPG特待生だった!

しょせの愛称で知られてる大平祥生さん。

その美意識が高いことでも有名で、ぷるっぷるの美肌や可愛らしい笑顔とは裏腹にMVで見せるダンスのかっこよさに圧倒された方も多いんじゃないでしょうか。

それもそのはず大平祥生はEXILEが創立した会社「LDH」が運営している「EXPG Studio」の出身。

このEXPGStudioとは、ダンスやボーカルなどを徹底的に教えこみエンターテイナーを育てる学校なんですね。

大平祥生は高校1年生の時にEXPGStudioの京都校に所属していました!

しかも特待生というから驚きです!

EXPGStudioの特待生は毎年行われる特待生オーディションを合格するか、学内で定期的に行われる披露会で認められスカウトされないと特待生として認められません。

それくらい狭き門を突破した大平祥生のダンスレベルは当時からずば抜けていたのでしょう!

 

スポンサーリンク

JO1大平祥生EXPG特待生まで経緯は?

大平祥生にはお姉さんがいるのですが、ダンスを始めたきっかけはそのお姉さん。

お姉さんがダンスをしているのを楽しそうだなと思い始めたものの、結局面白さを感じられずに一度辞めてしまったそうなんです(笑)

しかし、高校生の時にダンスを再開!

ダンスの魅力にとりつかれていきます。

放課後は毎日ダンススタジオにこもってダンスの練習をし、自分でその動画を撮影。

見直して修正すべきところを修正し、またダンスをするという日々だったとか。

めちゃくちゃストイックな高校生だったんですね(笑)

というのもこの頃からアーティストになりたいと強く思っていたそうなんです!

だからこそこれだけストイックな日々を送れたんでしょうね。

その強い想いと行動の結果EXPG特待生として認められることになりました。

 

スポンサーリンク

JO1大平祥生元LDHバックダンサーの実力は?

凄まじい努力の結果、EXPG特待生に選ばれた大平祥生。

さらにダンスに打ち込むために、高校を中退します。

そして、ダンスの腕に磨きをかけるためアメリアのロサンゼルスにあるノースハリウッドへダンス留学をすることを決意!

いや、もうさっきからずーっとストイック!

ちなみにアメリカンネームはショーンだったそうですよ(笑)

アメリカで1ヶ月のダンス留学から帰国した後はパフォーマーとしてさらに磨きがかかっていたといいます。

その結果、EXILEや三代目のバックダンサーやサポートダンサーとしてドームツアーにも出演することになりました!

しかも、EXPGStudio京都校のオリジナルユニットである「EXPG SWORD」というユニットを結成!

2019年にはEXILEの小林直己とともに「Samurai Sword Dance Performance」という殺陣とダンスを取り入れた映像作品にも参加しています。

ダンスのキレもすごいんですけど、表情がもうアーティストって感じ出てますよね。

もうすでにプロの顔つき!!

2019年にはこのEXPG SWORDとして、滋賀県にあるホールで新しいパフォーマンスを披露しています。

JO1としてのデビュー前からダンサーとしての実力、パフォーマーとしての場数は踏んでいたからこそ、現在の魅せる大平祥生があるんですねぇ!

 

JO1大平祥生元はなぜLDHバックダンサーを続けなかったの?

これくらい華々しい経歴があるなら、そのままLDHからデビューしそうなものですが、なぜそうしなかったんでしょうか?

かつて雑誌のインタビューで大平祥生はその当時のことを語っていました。

芸能界を目指すなかで何度も挫折を経験しましたし、事務所(EXPG)との契約が切れて目の前が真っ白になり、1週間電車に乗ってただ泣き続けたこともあります。

契約が終わったその理由は深く語られていませんが、相当なショックだったようですね。

しかし1年という期間でしたがLDH、EXPGの経験があって、アーティストとしてステージに立つ魅力を知ったのだとか。

契約終了後にもその想いは消得なかった結果、オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に参加し、結果JO1のメンバーとしてデビューできたんですよね。

ファンとしてはLDHからじゃなくて良かったと思うファンも多いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

JO1大平祥生のダンスについてメンバーの感想は?

「元ダンサーなだけあって動きがしなやか。自分の出番が来た時に祥生らしい踊り方をしていて存在感の出し方がうまいです」と語るのはJO1の白岩瑠姫。

他のメンバーからも、ダンスのなかでもストリート系のダンスが特に上手いという声があがっています。

ヒップホップやストリート系のダンスを踊っている時の大平祥生は、他のメンバーから見てもとても楽しそうで、生き生きとしているのだとか。

本人も海外よりのダンスが好きと認めています。

高校を中退して行ってきたアメリカのダンス留学、大好きだからこそできたことだし、それは今でも変わらないようですね。

ダンス以外の面でメンバーが口をそろえていうのは、そのストイックさ。

「今日はこれをやるまで終わらない」と決めたら、どんなことがあっても必ず実行するらしいんです。

周りは「こんなに疲れてるのにまだやるの?!」と驚くそうで、大平祥生の実行力と決断力には日々驚かされるのだとか。

本人も「パフォーマンススキルではメンバーに負けたくない」と言うくらい、ダンサーやパフォーマーとしての誇りはすごく高く、それに伴う努力を続けているんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「JO1大平祥生はEXPG特待生!元LDHバックダンサーの実力は?」としてお届けいたしました!

EXPG特待生になるまでの経緯やLDHバックダンサー時代の実力は本物。

JO1になった今も大平祥生のストイックさには驚きですが、それは良いパフォーマンスをしたい=ファンに喜んでほしいという信念からだと思います。

今後の個人的な課題は?と聞かれた大平祥生は「ダンスの大きさとキレを追求!」と答えています。

これからも大平祥生の成長から目が離せません!

他のメンバーの記事もありますので良ければご覧ください。

スポンサーリンク