彼女はキレイだった

彼女はキレイだった日本版最悪で嫌だ?面白くない感想の理由は?

かのきれ日本版最悪?面白くない・やだの感想の理由は?
スポンサーリンク
Pocket

7月6日にスタートした新ドラマ「彼女はキレイだった」(略して「かのきれ」)。

原作の韓国ドラマはとても好評だったので、日本版もさぞ素晴らしいものになるのではと思われましたが、実は「日本版は最悪!」「面白くないから嫌だ」なんて意見もチラホラ見られています。

いったい日本版の彼女はキレイだったのどんな部分が「最悪、面白くない、嫌だ」と言われているのでしょうか?

そんなわけで、今回は「彼女はキレイだった日本版最悪で嫌だ?面白くない感想の理由は?」についてをお送りしていきます!

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版は最悪?

冒頭でもお伝えしたように、原作の彼女はキレイだったはとても好評でした。

ざっくりと言うと幼馴染と再会し様々な問題を乗り越えて結婚するというオーソドックスなストーリーでしたが、キュンキュンする要素も多くハッピーエンドにたどり着くまでの流れがとてもステキです。

コメディ要素もあるのでキュンキュンだけでなく少しクスッとするところもあり、見ていて飽きない、早く続きを見たいと感じさせてくれるドラマでした。

また、主演のパク・​ソジュンさんとファン・ジョンウムさんは演技がとても上手で役にハマりきっていたので、見ている人の心をしっかりとつかんでいました。

パク・​ソジュンさんは韓国では大変な売れっ子俳優でキスの演技にとても定評があり、韓国版のかのきれのキスシーンにドキドキした人もたくさんいることでしょう。

このように見どころ満載でとても良い原作だったので彼女はキレイだった日本版も当然素晴らしいものになるのではと思われてましたが、その評判は一部では「嫌だ、最悪、面白くない」とまで言われています。

どうして彼女はキレイだった日本版はここまで「最悪だ、嫌だ」と言われてしまっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版が嫌だと言われる理由は?

彼女はキレイだった日本版がここまで「最悪、嫌だ」と言われている理由が気になるところですよね。

考えられる大きな理由は、彼女はキレイだった原作の方の主演であるパク・​ソジュンさんとファン・ジョンウムさんがハマり役だった&演技が素晴らしすぎたので、彼女はキレイだった日本版が最悪といわれるところです。

彼女はキレイだった原作ファンの中には「ソンジュンとへジンは、ソジュンさんとジョンウムさん以外考えられない!」「この2人以外の彼女はキレイだったは嫌だ」と思っている人もたくさんいます。

確かに彼女はキレイだった原作での2人の演技はとても素晴らしく、原作を見ていると「この2人こそが彼女はキレイだった!」「この2人以外が彼女はキレイだったを演じる日本版は最悪…」と感じてしまうものです。

視聴者にここまで思わせるのは並大抵のものではなく、お2人の実力の高さがよくわかりますよね。

しかしそれが故に彼女はキレイだった日本版を受け入れられなくなっており「彼女はキレイだった日本版は最悪、嫌だ」なんて思ってしまっているのでしょう。

また、彼女はキレイだったを愛している人からすると「日本版リメイクはあまりやってほしくない」と考える人も多いので、彼女はキレイだった日本版は最初からかなり厳しい目線で見てしまうものです。

彼女はキレイだった日本版に限らずどのジャンルでもリメイク版や日本版などは、原作と比較されるのがさだめなので、ハードルが上がってしまうのはある程度仕方がないことですよね。

原作が素晴らしければ素晴らしいほど、彼女はキレイだった日本版リメイクはどれだけ頑張っても「最悪」「面白くない」「嫌だ」と思われてしまう傾向があるので、日本版の彼女はキレイだったにも厳しい意見や目線が集まっているのでしょう。

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版は面白くない??

原作の彼女はキレイだったには根強いファンがいて日本版の彼女はキレイだったを「最悪、嫌だ」と感じていることがよくわかりましたが、実際日本版の彼女はキレイだったは本当に最悪なのか、面白くないのかと言われたらそういうわけでもありません!

彼女はキレイだった日本版には日本版の魅力がちゃんとあり「原作はこうだった!」という考えを取っ払って純粋な目線で見ると十分楽しめるし、面白く仕上がっています。

また、日本版彼女はキレイだったの主演は大人気アイドルグループSexy Zoneの中島健人さんと朝ドラにも出演した経験がある演技派女優の小芝風花さんがつとめており、これだけで面白くない訳はないですよね(笑)

中島健人さんは大変なイケメンなので、日本版の彼女はキレイだった主役である宗介のクールで強引な感じの演技にキュンキュンしてしまう人も多いでしょう。

彼女はキレイだった原作に沿ってストーリーが展開するなら、かのきれの見どころでもあるキュンキュンするキスシーンもあるでしょうし、それを日本版彼女はキレイだったでどう演技するかという視点で見ると面白くないとは感じないのでえはないでしょうか。

彼女はキレイだった日本版のヒロイン役を演じる小芝風花さんも年々実力を伸ばしており、今後の活躍が注目されている女優さんなので、彼女はキレイだったのファン・ジョンウムさんとはまた違った魅力のあるヒロインを演じ、日本版の彼女はキレイだったでも素晴らしい演技を見せてくれることが期待できます。

日本版彼女はキレイだったは日本版の魅力があってそれぞれ別物であると考えて見ると、面白くないことなんてなくて、日本版の彼女はキレイだったをきっと楽しんで見ることができますよ。

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版についてみんなは面白くないと言ってる?

実際に日本版の彼女はキレイだったを見た人たちは、本当に面白くないという感想を持っているのでしょうか?

ネットでの視聴者たちの感想を見ていると、面白いと感じている人と面白くないと感じている人は半々といったところで、決して「最悪、いやだ」と思っている人だけではないのがよくわかります。

面白くないと感じている人は「どうしても彼女はキレイだった日本版というイメージが強く、比べてしまう」「彼女はキレイだったのストーリーが古臭い」という感想が多かったです。

先ほどもお伝えしたように、原作があるものなので日本版彼女はキレイだったは、どうしても比較されてしまうため「最悪」「面白くない」「嫌だ」このような感想が出るのは仕方がありませんよね。

また、ストーリー面での感想も多く「古臭い」「ベタすぎる」なんて意見もあります。

韓国ドラマだからこそ許された設定でも、日本版での彼女はキレイだったとなるとどうしても古臭さが目についてしまうものです。

良く言えばわかりやすい、親しみやすいストーリーと言えますが、韓ドラに目が肥えた視聴者からすると日本版彼女はキレイだったは見てて面白くない、展開が安易すぎると感じてしまうのでしょうね。

ベタなストーリーは安心して気持ちよく見られるという人もいますが、新鮮さがないと感じる人も多く、新しい切り口のドラマが見たい人には日本版彼女はキレイだったは少々退屈に感じてしまうのかもしれません。

その反面、日本版彼女はキレイだったを面白いと感じている人は「主演の2人がとても良かった!」という感想が多く、中島健人さんと小芝風花さんのキャスティングや演技を評価している人が多かったです。

「宗介のツンとしたクールな役が中島健人さんにとてもよくハマっている」「小芝風花さんは朝ドラの印象が強かったけどこの役も悪くない」など、お2人の活躍がとても注目されていました。

ほかにも原作の彼女はキレイだったを見た人でも「日本版の彼女はキレイだったも楽しめている」「彼女はキレイだった日本版のキャストも十分面白い」と好意的に受け止めている感想も多く見られています。

このように決して「面白くない」「最悪」「いやだ」というネガティブな感想だけではないので、これから日本版彼女はキレイだったを見てみたいという人は次回からでも見ているのもいいですね。

 

まとめ

というわけで、今回は「彼女はキレイだった日本版最悪で嫌だ?面白くない感想の理由は?」についてをお送りいたしました。

日本版の彼女はキレイだったが最悪だと思われる大きな理由は原作の方のキャスティングが素晴らしすぎたという点だったようですね。

また、どうしても原作と比較していまい「面白くない、嫌だ」と感じている人も多くいますが、日本版彼女はキレイだったにもちゃんと魅力があり面白いという感想もたくさん見られます。

日本版リメイクを毛嫌いしてしまっている人や原作愛が強くて抵抗のある人も、1度日本版の彼女はキレイだったを見てみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク