ドラマ

恋ぷに原作最終回結末ネタバレ!最後どうなるか調査!

恋ぷに原作韓ドラ最終回ネタバレ!結末はどうなるか調査!
スポンサーリンク
Pocket

恋はDeepに(恋ぷに)原作最終回結末ネタバレ!最後どうなるか調査!としてお送りする本記事。

2021年4月期のドラマ恋はDeepに(恋ぷに)が話題になっていますね。

石原さとみと綾野剛のW主演のうえに、とても甘い恋愛ストーリーになりそうなことからも4月期のドラマの中でも大注目されてますが、原作が韓国ドラマなのか、最終回のネタバレ、その結末は?と騒がれています。

ということで今回は「恋はDeepに(恋ぷに)原作最終回結末ネタバレ!最後どうなるか調査!」としてお送りいたします。

 

スポンサーリンク

恋はDeepに(恋ぷに)最終回結末ネタバレ!原作は韓国ドラマ?

恋ぷに(恋はDeepに)のストーリーは、魚オタクの海洋学者石原さとみ演じる渚海音とロンドンから帰国したての御曹司、綾野剛演じる蓮田倫太郎の恋愛ラブストーリー。

石原さとみと綾野剛という全年齢層の女性が大好きな2人が主演をするということで、間違いなく大ヒットする予感しかありませんよね。

そんな恋ぷに(恋はDeepに)の原作が韓国ドラマではないかという噂もあるようですが、結論から申し上げますと恋ぷにに原作はありません。

日テレドラマ完全オリジナルストーリーとなっています。

ストーリーの設定やポスタービジュアルなどが韓国ドラマのような雰囲気があるから、恋ぷに(恋はDeepに)の原作は韓国ドラマなんじゃないか?という噂がたったのでしょうね。

いろんな噂がたつほど恋ぷに(恋はDeepに)が注目されているということに間違いはなさそうです。

 

スポンサーリンク

恋はDeepに(恋ぷに)原作者の徳尾浩司って誰?

恋ぷに(恋はDeepに)は脚本家、演出家の徳尾浩司という方が脚本を担当されています。

徳尾浩司さんは大阪府出身の1979年生まれで、慶応大学卒業されており、2013年のNHKドラマの脚本を手掛けたことが切っ掛けとなり脚本家としても本格的に仕事をされています。

今まで手掛けたテレビドラマや映画は数多くありますが、どんな作品を手掛けてきたのかご紹介しましょう!

映画

探検隊の栄光(2015年)
ホーンテッド・キャンパス(2016年)
走れ!T校バスケット部(2018年)
劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜(2019年)
オレたち応援屋!!(2020年)
CUBE(2021年)

 

ドラマ

理系の人々(2014年)
ドS刑事(2015年)
婚活刑事
脱線刑事
世にも奇妙な物語「通いの軍隊」(2016年)
徳山大五郎を誰が殺したか
警視庁 ナシゴレン課
おっさんずラブ
豆腐プロレス(2017年)
スリル!〜赤の章・黒の章〜
あいの結婚相談所
きみが心に棲みついた(2018年)
おっさんずラブ
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
チア☆ダン
恋と就活のダンパ(2019年)
おっさんずラブ-in the sky-
私の家政夫ナギサさん(2020年)
テレビ演劇 サクセス荘2
私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編

おっさんずラブやナギサさんは一世を風靡した大ヒットドラマですよね!

この他にも多くの舞台の脚本や演出、すき屋のCMを手掛けたりなど本当に幅広く活躍されている脚本、演出家なんですよね。

原作者の経歴を見れば、胸キュンラブストーリーを得意としているので、いったいどんなストーリーになるのか楽しみです!

 

スポンサーリンク

恋はDeepに(恋ぷに)は空飛ぶ広報室に似てる?

一部では恋はDeepに(恋ぷに)が、過去に放送されたドラマ「空飛ぶ広報室」に似てるという声があったのですが、これについては綾野剛さんの役柄が、空飛ぶ広報室の時と若干似てるからという理由でした。

空飛ぶ広報室でもパイロットの夢を追っている役で、恋はDeepにでも、リゾート開発の夢をかなえるためという役柄なので、その役柄が似てるというだけでした。

 

スポンサーリンク

恋はDeepに(恋ぷに)のあらすじは?

 石原さとみ×綾野剛

この春史上最強のラブコメが始まる

海を愛する魚オタクの海洋学者とロンドン帰りのツンデレ御曹司。

巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会った2人。

海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。

住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。

しかし、その恋はかつてないほど禁断だった!

なぜなら彼女には、誰もが驚くあるヒミツがあった!!

彼女は何者?

そして、2人の恋の行方は?

この春地上で一番Deepな恋の幕が上がる。

引用:恋はDeepに公式

禁断の恋に、秘密というキーワードは徳尾浩司さんの過去のドラマにもあるような傾向ですが、今回の恋ぷに(恋はDeepに)はどのように展開させていくんでしょうね。

 

スポンサーリンク

恋はDeepに最終回結末ネタバレを予想!

恋ぷに(恋はDeepに)に原作はありませんが、原作者である徳尾浩司さんの代表作を見て行けば、どんな最終回を迎えるのかその傾向はわかると思います。

おっさんずラブの最終回は、はるたんがタキシードのまま走り出して大胆プロポーズをして牧と結ばれると言う結末でしたし、ナギサさんの最終回も、ナギサさんを手放したくないと告白するメイに対して、「私も好きです」と告白するナギサさんという結末でした。

とても気持ちの良い最終回が多い傾向にありますし、原作者の徳尾浩司さんも過去のインタビューで、潔く終わらせるということを意識していたそうです。

恋ぷに(恋はDeepに)の最終回の結末も見ていて気持ちのいい終わり方をさせてくれるんでしょうね!

 

恋はDeepに(恋ぷに)最終回結末ネタバレはすでに伏線がある?

恋ぷに(恋はDeepに)の原作者の徳尾浩司さんは、胸キュンさせる恋愛ドラマの脚本を書かされば右に出るものはいないといっても過言ではありません。

そんな徳尾浩司さんが恋ぷに(恋はDeepに)の脚本に関して以下のようなインタビューがありました。

Deepには「深い」「大海」「神秘的」など複数の意味がありますが、脚本を書いていても、その意味が形を変えながら展開していくように感じます。

石原さとみさん演じる海洋学の研究者と、綾野剛さん演じるリゾート開発本部長の、海にまつわる恋と仕事の話をコメディとして楽しく、時にシリアスで切なく描けたらと思います。

仲が良いのか悪いのか、蓮田三兄弟の物語にも注目して頂けると嬉しいです!

引用元:リアルサウンド

注目すべきはDeepという単語にありそうですよね。

大海というのは物語のメインとなるリゾート開発なのはわかりますが、深い、神秘的という単語がどのように恋愛と絡ませていくのか気になるところです。

個人的にはこの「深い」「神秘的」というワードが恋ぷに(恋はDeepに)の最終回の結末の伏線のような気がしますが、みなさんはどう思いますか?

 

スポンサーリンク

恋はDeepに(恋ぷに)最終回結末ネタバレ!最後は人魚になって海に帰る?

恋はDeepに(恋ぷに)の初回放送が終わった後、ツイッターでは石原さとみ演じる海音は人魚なのでは?という声が多くあがっていました。

その理由は、恋はDeepにで海音が魚と話すことができる描写があるからなんですが、これが初回放送の終盤に発覚したんです。

このことからも最終回結末は海音は人魚になって海に帰るのではないかという声があがっています。

「あと3か月しかいることができない」というセリフもありました。

叶わない恋というのは、こういう意味も含まれていたんでしょうか?

 

恋はDeepに(恋ぷに)の無料動画配信予定はあるの?

では恋ぷに(恋はDeepに)の動画提供サービスはどこなのでしょうか?

2021年4月時点での最新情報をまとめてみました。

動画配信サービス名 配信状況
Hulu 日テレドラマ配信
Tver 放送終了後1週間のみ配信
Paravi 配信なし
TSUTAYA 配信なし
U-NEXT 配信なし
FOD 配信なし
dTV 配信なし

公式サイトに配信予定が記載されているのは、HuluTverのみでした。

しかし、Tverの場合は無料で見れますが、放送から1週間という期限がついているうえに、CMがめんどくさいですよね。

CMなしでスムーズに恋はDeepに(恋ぷに)を見たいという方におすすめなのが「Hulu」なんです。

Huluは他のVODサービスと比較しても料金が安いうえに、現在なら2週間の無料トライアル期間中!

今季の日テレドラマは恋ぷに(恋はDeepに)以外にも注目ドラマが数多くあるうえに、石原さとみや綾野剛が過去に主演したドラマや映画も配信中なので、無料トライアル中のお試しがおススメです!

石原さとみ、綾野剛作品も無料で見れる!
約3分で登録完了

 

 

まとめ

ということで今回は「恋はDeepに(恋ぷに)原作最終回結末ネタバレ!最後はどうなるか調査!」としてお送りいたしました。

恋ぷに(恋はDeepに)は韓国ドラマが原作でもなく日テレオリジナル脚本のドラマなので、原作ネタバレや最終回の結末がどうなるか現段階では不明でした!

しかし原作者の過去のドラマの傾向を見ていると最終化の結末が非常に気持ちよく潔く終わってくれることがわかりました。

恋ぷに(恋はDeepに)最終回の結末までどんなふうにストーリー展開していくのか楽しみです!

「恋はDeepに(恋ぷに)原作最終回結末ネタバレ!最後はどうなるか調査!」最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク