エンタメ

森喜朗息子の死因は暗殺?生きてる説や押尾学事件との関係も調査!

森会長息子の死因は暗殺?生きてる説や押尾学事件との関係も調査!
スポンサーリンク
Pocket

連日森喜朗元会長の発言が報道されていますね。

それと同時に森喜朗元会長の黒い噂なんかも出たりしていますが、気になるのが森喜朗元会長の息子さんに関連するワード。

「森喜朗元会長息子の死因は暗殺?」「森喜朗元会長の息子は押尾学事件と関係してる!」といった物騒なワードから、「森喜朗元会長の息子は実は生きてる」といった都市伝説的なものまで。

ということで今回は「森喜朗息子の死因は暗殺?生きてる説や押尾学事件との関係も調査!」と題して、徹底的に調べてみました。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子の経歴は?

まずは森喜朗息子・森祐喜さんの簡単な経歴を見ていきましょう。

森喜朗息子である森祐喜さんは自民党の政治家でした。

父である森喜朗元会長はもちろんですが、祖父や曾祖父も地元石川県で町長を務めるまさに政治家の一族として生まれた森喜朗息子の森祐喜さんですが、大学は成績不振で中退してしまいます。

その後、アメリカのジョージタウン大学で英語を学ぶために留学し帰国後は森喜朗元会長の秘書として政治活動を始めることになるんです。

その後は石川県議会議員として立候補し、森喜朗元会長の後押しもあり初当選、翌年も再選をすることができて石川県議会の権力を持つようになっていきました。

しかし、2010年に飲酒運転でコンビニに突っ込むという事件を起こしてしまいます。

同年自宅で倒れて一時心肺停止状態になってしまいますが、なんとか一命を取り留めました。

しかし翌年の5月に体調が悪化して入院することになったのですが、7月に入院先の病院でなくなってしまわれました。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子が暗殺されたと言われる原因は?

森喜朗息子の森祐喜さんが亡くなったのは46歳で、死因は急性すい炎による多臓器不全だといわれています。

すい炎に急に炎症が起きたことが原因で、臓器が機能しなくなるというものですが、これが起きる原因は過度なアルコール摂取とも言われています。

かなりのお酒好きだった森喜朗息子の森祐喜さんが、これが原因でなくなってしまうのに違和感はありません。

ではなぜ、暗殺といった怖いワードが出てくるのか。

それは「亡くなった年齢」と「議員時代の黒い噂」があるからなんです。

年齢については46歳という非常に若い年齢に反して森喜朗元会長はじめ、祖父である森茂喜さんは79歳、曾祖父である森喜平さんは94歳というご長寿一家でした。

それにプラスして議員時代に流れた数々の黒い噂が相まって、森喜朗息子・森祐喜さんは暗殺されたのではないか?という噂が広まったんです。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子の黒い噂ってなに?

薬物疑惑やDV、暴力団との繋がりなど様々な噂がありますが、なかでも大きな事件は97年に東電社員が亡くなった事件で、実は売春をしていたことが発覚した事件。

ネパールの方が逮捕されたのですが、DNA鑑定の結果無罪が確定しその後釈放されています。

実はこの女性の事件と森喜朗息子・森祐喜さんは関係があり、さらに森祐喜さんがなくなった時期が、ネパールの方が無罪となった時期と近いことから、暗殺されたのではないかという噂が立ち始めました。

さらにこの事件だけが原因ではなく、もうひとつ世間を驚かせた押尾学さんの薬物事件も、そのひとつだといわれています。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子は押尾学事件とも関係してる?

議員時代にその権力を振りかざして、女性をはべらせまくっていたと噂が絶えなかった森喜朗息子の祐喜さん。

世間に衝撃を与えた押尾学さんの薬物事件にも森喜朗息子の祐喜さんは関与していたのではないかという噂も出回ってるようです。

 

森喜朗息子が関与してると噂の押尾学事件ってなに?

2009年に押尾学さんが合成麻薬MDMAを使用したうえに、マンション内で一緒に麻薬を使っていた女性が亡くなっていたという事件です。

大人気俳優であり、当時女優とも結婚していた押尾学さんが麻薬使用で逮捕、さらにすぐに救急車を呼ばずに適切な対応をしなかった結果、女性が亡くなってしまったというかなりショッキングな事件として、大々的に報道されました。

結果、麻薬取締法違反、保護責任者遺棄致死罪で逮捕されたのです。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子は押尾学事件にどうやって関与してるの?

薬物で亡くなったホステスと一緒にいてたのは押尾学さんではなく、森喜朗息子・森祐喜さんだったのではないかという説です。

なぜこんな噂が出てくるのか?

  • 亡くなったホステスさんと森喜朗元会長、祐喜さんたちが一緒に会食をしている写真が流出された
  • 議員時代から薬物中毒のうわさが絶えず、証言者もいる
  • 亡くなった女性の体内から別人の体液が検出された
  • 押尾学が救急車を呼ぶまでに時間がかかった説明があいまい
  • 押尾学が現在も悠々自適に暮らしており、この噂に対して否定はしていない

要するに森喜朗息子・森祐喜さんがホステスとトリップして、様子がおかしくなって意識がなくなる。

慌てた森喜朗息子・森祐喜さんは、以前から親交のあった押尾学に身代わりを依頼。

代わりに数億近いお金を支払うことを約束したって感じです。

こういうふうに並べると辻褄は合うとような気がしますが、いかがでしょう?

これが本当だったらすさまじく恐ろしいですが…。

 

森喜朗息子が逮捕されなかったのは?

先ほどご紹介したように過去に飲酒運転を起こしているのですがこの時も現行犯逮捕はされず、任意同行後に通常逮捕という明らかにおかしな対応が話題になりました。

さらに薬物使用の噂が絶えず、証言者もいるのにも関わらず逮捕されることがなかった。

これらの原因はなぜか、元首相である森喜朗の息子だからだといわれています。

あくまでも噂ですが、日本の裏側がこうだったとしたら…。

 

スポンサーリンク

森喜朗息子はまだ生きてる?

これは森喜朗息子の森祐喜さんをタイで見かけた!という目撃情報があると言われていることから、発生した噂になります。

日本にいてては逮捕、またはいろんな意味で危ない人たちから狙われてしまうことから、森喜朗息子・森祐喜さんは海外に逃亡してまだ生きているのではないかというもの。

ちょっと都市伝説的な話になってきますが、みなさんはどう思いますか?

 

まとめ

ということで今回は「森喜朗息子の死因は暗殺?生きてる説や押尾学事件との関係も調査!」としてお届けしました。

森喜朗息子・祐喜さんの死因が暗殺や実はまだ生きてるという説は、少し謎な部分があります。

しかし押尾学事件との関係が仮に本当だったとしたら、こんな恐ろしいことが裏側で起こってるってなると権力があればなんでもできてしまうのかと怖くなりますよね( ゚Д゚)

「森喜朗息子の死因は暗殺?生きてる説や押尾学事件との関係も調査!」を最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク