スポーツ

西矢椛の中学や小学校はどこ?スケボー経歴も調査!

西矢もみじの出身中学や小学校はどこ?スケボー経歴も調査!
スポンサーリンク
Pocket

西矢もみじの出身中学や小学校はどこ?スケボー経歴も調査!としてお送りする今記事。

西矢椛選手といえば最年少五輪メダリストの記録を更新した今波に乗っているスケボー選手ですね!

わずか13歳、中学2年生でオリンピック日本代表に選出され、そのうえ金メダルを獲得した西矢選手。

今回の金メダル獲得で今まで以上に国内外から注目を集めることになることは必至ですよね。

そこで今回はそんな西矢椛選手の経歴、出身中学や小学校など、得意競技を徹底調査していきます。

ということで今回は「西矢椛の中学や小学校はどこ?スケボー経歴も調査!」でお送りしていきたいと思いますので最後までご愛読ください。

 

スポンサーリンク

西矢椛のプロフィールは?

はじめに西矢選手のプロフィールについてです。

・名前:西矢 椛(にしや もみじ)

・生年月日:2007年(平成19年)8月30日

・年齢:13歳

・血液型:調査中

・出身地:大阪府松原市

・所属:ムラサキスポーツ

中学2年生にしてスポンサーもついているなんて驚きですね。

西矢椛選手を後押しするムラサキスポーツから、今注目を集めているガールズスケーター3人娘、西矢椛選手、中山楓奈選手、織田夢海選手が映っているスペシャルムービーも配信されているんですがそのスケボーテクニックが素人目でもすごいとわかる動画になっています!

そんな西矢椛選手がスケボーを始めたのは2歳年上のお兄さんの影響で5歳からだそうです。

最初は自転車のヘルメットを被ってスケボーをしていたそうで、小学校一年生から本格的に滑るようになり、地元松原市の「スポーツパークまつばら」のスケートパークをホームにしてスケボーのテクニックを磨いているるそうです。

筆者には6歳の娘がいますが、自分の子供がこの年でスケボーしているだなんて想像できません(笑)

5歳から夢中になれることがあるなんてすばらしい事だと思います!

 

西矢椛の身長体重は?

身長などのデータは残念ながらわかりませんでしたが、SNS上の写真などから推測すると西矢椛さんの身長は150センチ台ではないでしょうか?

とても小柄なイメージなので体重も平均的もしくはそれ以下くらいだと思います。

年齢的にもこれからどんどん成長していくでしょうし、楽しみですね!

 

スポンサーリンク

西矢椛の出身小学校はどこ?

さて次に西矢椛選手の出身小学校についてです。

出身小学校は大阪府松原市の松原西小学校です。

西矢椛選手のインスタグラムにはまだ幼くあどけない笑顔で卒業式を迎えた姿がありました。

この笑顔とスノボーをやっているときの凛々しさはギャップすぎてかっこいいですね!

 

スポンサーリンク

西矢椛の出身中学はどこ?

現在は中学2年生にあたりますが通っている中学校は残念ながら見つかりませんでした。

中学校は義務教育になることから、地元の中学校に通っているのでしょうか?

もし公立中学に通っている場合は、出身小学校から考えると松原市立松原中学校に在籍していることになります。

松原市立松原中学校は自由な校風が特徴でスポーツではバスケットボールが強いようです。

西矢椛さんが中学校のお友達とはどのような学校生活を送っているのかとても気になりますね。

 

スポンサーリンク

西矢椛のスケボー経歴は?

ではここで西矢椛選手の主な経歴をみていきましょう!

・2017年 全日本アマチュア スケートボード選手権 3位
・2018年 全日本アマチュア スケートボード選手権 3位
・2019年 Xゲームズ・ミネアポリス大会2位
・2021年 世界選手権 ローマ大会2位

筆者も書いていて唖然とします・・・すごい!という一言です。

2017年にはわずか11歳で全日本アマチュア選手権レディース部門の3位の成績を納めています。

どんどんスケボーの成績があがっていますね。

西矢椛さんが小学校の時点ですでに世界有数の選手たちと戦えているのはすごいですよね。

2019年には世界最高補の大会Xゲームで2位って、名だたる選手たちが多数参加するような大会で2位の準優勝という時点では実力派トップレベルに達していると言わざるを得ません。

現在世界ランク21位に位置している西矢椛選手ですがスケートボードでは日本の選手レベルがとても高く、さきほども話に出てきました西村碧莉選手、中山楓奈選手も世界トップクラスとして活躍しています。

そんななか若干13歳の西矢椛さんが同じステージで戦っているってめちゃくちゃすごいですよね!

 

西矢椛のスケボーの技がヤバい?

西矢椛選手の得意技はどのようなものがあるのでしょうか。

西矢選手が出場するスケボーの「アスリート」という競技は、町中にあるような手すりや階段等を使って技を見せ、その完成度の高さや美しさやスピードを採点する競技です。

45秒間の自由演技「ラン」2本と、一発の技の出来を競う「ベストトリック」5本の合計7本行い、このうち高得点の4本の合計で競う方式になります。

スケボーに自由演技があったなんて知らなかった、という人も多いのではないでしょうか。

西矢選手がオリンピック出場を決めた大会では、ベストトリックの4回目でスケボーの後ろ側の車輪の金具を、レールにひっ掛けて滑るという文字だけでは想像しにくい「バックサイドスミスグラインド」という超難易度の高い技を成功させました!

その結果3.28点をマークし、5回目もまたぐように手すりに飛び乗って板で滑り降りる「リップスライド」を決めて得点を伸ばし決勝進出を果たしたんです!

これはもう世界のトップクラスの得点ですね。

さらに決勝では、バックスライドリップスライドを成功させ、4.45点という超高得点を叩き出しました!

西矢椛選手の滑っている動画などをみていると、とてもまだ13歳の少女が滑っているとは思えない見入ってしまうような滑りに驚愕します。

スケートボード・ストリートの東京オリンピック予選の対象大会最終戦となった世界選手権最終日、ローマで決勝が行われました。

女子は19歳の西村碧莉選手が14.73点で2年ぶりに優勝を遂げた一方で、西矢椛選手が14.17点で2位に入り日本がトップ2を飾りました。

西矢椛選手は海外でのオリンピック予選大会で初めての決勝進出でしたが、初めてとは思えない演技で準優勝を勝ち取ったんですよね。

どんどん成長していく西矢椛選手の成長スピードが恐ろしく感じますが、そのぶん努力もしているのでしょうね。

世界選手権の表彰式で満面の笑みで表彰台にあがる西矢椛選手、東京オリンピックでも表彰台のうえで笑顔の西矢椛選手がみたいですね!

 

まとめ

ということで今回は「西矢椛の中学や小学校はどこ?スケボー経歴も調査!」としてお送りしました。

西矢椛さんの出身小学校は大阪府松原市の松原西小学校、中学は正確な情報は不明ですが、地元の公立校に進学していた場合は松原市立松原中学校でした。

それにしても西矢椛さんのスケボー経歴も知れば知るほどその凄さはわかります!

始めたきっかけはさまざまですが何かを始めるのに早い遅いってあんまり関係ないのかもしれませんね。

日の丸を背負って世界という重圧もたくさんあったとは思いますが、それをはねのけて見事金メダリストになったのは本当に素晴らしいと思います!

ご本人のインスタでは西矢椛選手がスケボーをしている姿をたくさんアップされているので、ぜひチェックしてみてください。

これからも西矢椛選手の今後の活躍に期待し、西矢椛選手を応援していきたいと思います。

スポンサーリンク