ただ離婚してないだけ

ただ離婚してないだけ萌かわいそう?その後の結末がヤバい!

ただ離婚してないだけ萌かわいそう?その後の結末がヤバい!
スポンサーリンク
Pocket

ヤングアニマルで話題騒然となった漫画作品「ただ離婚してないだけ」がついにドラマ化して放送されていますね!

衝撃的なストーリーで話題となっていますが、その中でも主要キャラクターの「萌がかわいそう」などの意見が飛び交っています。

萌のなにがかわいそうなのか、そしてミステリー作品「ただ離婚しないだけ」の萌のその後の結末はどうなってしまうのか?

「ただ離婚してないだけ」ドラマ版ではどのような演出となるのかも予想しながら今回は、 「ただリコ萌かわいそう?その後の結末がやばい!」という内容で深堀していきます!

まだストーリーを知らない方も予習しながら萌がどうなるのかを一緒に検証していきましょう!

 

スポンサーリンク

ただ離婚してないだけの萌がかわいそうな理由は?

ただ離婚してないだけで萌という少女がかわいそうと言われる理由は、とにかくその扱いがひどすぎたからなんです!!

いったいどういうことなんでしょうか、順を追って説明していきましょう。

ただ離婚してないだけの主人公である夫の正隆と妻の雪映は冷めきった夫婦仲でした。

正隆は唯一不倫をする事でそのバランスを保っており表面上は夫婦円満といったいわゆる仮面夫婦。

今回ご紹介する萌という女性は夫の不倫相手のこと。

不倫から日常生活が狂い始めるパターンってのはリアルな生活でもよく聞く話ですよね(^_^;)

しかしただ離婚してないだけの狂い方は半端ないんです!!!

 

ただ離婚してないだけで萌のかわいそうな経緯とは?

ただ離婚してないだけの萌を含めた三角関係について詳しく見ていきましょう。

フリーのwebデザイナー正隆と不倫関係にある17歳の萌。

まさかの不倫相手が10代って衝撃ですね、この時点で萌がかわいそうな雰囲気が漂ってますが…

そんな萌は新聞配達とガールズバーで働いていました、高校も行っていないのでしょうか??

そんな中、正隆と萌は出会うことになるのですが、その距離は急速に縮まっていき温泉旅行に一緒に行くほど萌にハマっていく正隆でした。

とまあこんな感じで楽しく過ごしていた二人でしたが、ある日萌が妊娠していることがわかります。

正隆はパニックになり子供をおろす事を決めます!

もうこの時点で萌がかわいそうと感じますが、正隆はそのお金を手に入れるために家計のお金に手を付けました。

しかし、そのことが妻の雪映に全てバレてしまいます。

ここまでみて当たり前ですが、正隆が不倫をしていたこと、家のお金に手を付けた事に雪映は激怒します。

正隆と雪映は話し合い、問い詰められた結果が不倫を認めて萌と別れる決意をします。

萌はまだ17歳で正隆の事を信頼していたのにあっさり別れを告げられて、かなりショックだったと思います・・・正隆は最低ですねぇ・・・

ただ離婚してないだけは、まだまだ序盤ではありますが結構ドロドロした内容が続いていますね。

 

スポンサーリンク

ただ離婚してないだけで萌その後の結末は?

結果正隆と萌は別れてしまいますが、萌ははたしてどうなってしまうのでしょうか?

その後萌は捨てられたショックからとんでもない奇行に走ります!

まずは正隆の家に無言電話をしたり、正隆の車に傷を入れたり、家に押し入り雪映に刃物で襲い掛かったりなどなど...萌はかなりヤバいストーカーになってしまいました!!

こんな風になってしまうと、萌がかわいそうというよりかなり怖い存在になってしまいました。

一連の萌の行動から正隆は身の危険を感じはじめるのです。

そんなある日突然、萌が正隆の家を訪れて強引に中に入ろうとします。

身ごもっている妻の雪映に襲いかかろうとする萌、それを必死で止めようとする正隆!

散々な目にあってきた正隆も奥さんとお腹にいる子供を守ろうとする気持ちが強かったのですね。

何とか攻防を繰り広げた正隆と萌でしたが、なんと勢い余って首を絞めて萌を殺してしまいます!

正隆は何が何だかわからなくなりパニックになり、自首しようとしますがこれから産まれてくる子供のことを考えて殺人を隠蔽しようと考えてしまうのでした。

パニックになったとはいえ、殺すことはなかったんじゃないんでしょうか?

不倫関係とは言えお互い付き合って好きだったのに(T_T)

 

ただリコは萌の死後に急展開?

 

ここからまったく予想だにしない急展開が始まります!

ある時萌の彼氏から連絡が来て会う約束をするのですが、正隆は結局すっぽかします。

すっぽかされた彼氏が正隆の家に怒鳴り込んでき、「萌を殺したのは正隆だ!」と疑いをかけ、それに正隆は逆上し、気絶させてなんと自宅に閉じ込めてしまうというかなりヤバい展開になってしまうのです!

まさか、こんな展開になると思ってもみなかったですねぇ

かなりスピーディーに思いもよらぬ展開になった正隆と雪映ですが、この先どうなってしまうのでしょうか!?

ただ離婚してないだけ佐野の最後かわいそう?殺害された理由も紹介!
ただリコ佐野の最後かわいそう?殺害された理由も紹介!7月7日からスタートするドラマ「ただ離婚してないだけ」通称ただリコ! コミック版の最初のさわりを読む限り「不倫がテーマの作品かな?...

 

ただ離婚してないだけ萌役の俳優は誰?

愛知県出身24歳、萩原みのりさんが萌役に抜擢されました。

テレビドラマ
・RISKY
・お茶にごす。

映画
・ハローグッバイ
・転がるビー玉
・佐々木、イン、マイマイン
・街の上で

この他にも多数主演やヒロイン役をされているようで、様々な役が多く一つに絞られない演技力が高校生役からシリアスな役までまさにカメレオン女優の素質を感じさせますね!

ドラマ「お茶をにごす。」では、女子高生の役で主人公を助けてあげるところもあったりするので、今回の役とはまた違った印象をもちますね。

もう一つ「RISKY」というドラマは、ドロドロとした復習を描いた作品で、今回の「ただ離婚してないだけ」とどこか似たような印象です。

今回のドラマ「ただ離婚してないだけ」に出演している萩原みのりさんの意気込みを見てみましょう。

このお話を初めて読んだ時、次何が起きるのか気になって仕方がない気持ちと同時に、もう何も起きないでくれと願っている自分もいて、恐る恐るページを捲りました。

そして、この作品を安里監督が映像化するということに、とにかく鳥肌が止まりませんでした。

安里監督は女の子の気持ちを溢さず掬い取ってくださる方なので、一言一言と徹底的に向き合いながら、萌が一人でも多くの方に寄り添ってもらえるよう、沢山試行錯誤して撮影に挑んでいます。

公式ホームページから引用

今回の役どころが不倫をする17歳でおまけにストーカーなので、どういう風に演じるのか見所のひとつです。

このような難しい役をこなせる萩原みのりさんは凄い若手女優だと思います。

今年最も注目されるのではないでしょうか!?

 

スポンサーリンク

ただ離婚してないだけ萌がかわいそうという意見は多い?

不倫から妊娠までしてしまった少女萌が、なぜかわいそうといわれているのか調査してみました。

ただ離婚してないだけ、最初から割り切って開き直るスタンスを貫いてれば、始まらなかった。妊娠させても知らぬ存ぜぬ人のせいにして自分に非はないと言う人だって居るのに萌ちゃんが勝手に産んでしまい不倫旦那が追い詰められる話かと思ってたけど、それよりカオスな展開だった。とにかく萌がかわいそう
萌もたしかにかわいそうだって思うけど、なんだろ。やはり奥さんいるって知ってるのにいっちゃうのも責任はあるよね。
いくら不倫が悪いとはいえ殺されるまでのことはない、たしかに萌の奇行もだめだけど結果正隆が全部悪いからね!!
ただ離婚してないだけおもしろい!萌がかわいそうだと思うけど、とにかく夫婦が頭ぶっとんででいろんな意味でヤバい、、、

世間の声では、「妊娠させておいてポイ捨て」や「旦那がクズ過ぎる」「不倫関係が身勝手すぎる」など、萌自身ショックで奇行に走ったものの女性目線から非難する声やかわいそうという意見が多かったようです。

その他にも正隆のだらしなさ、ポンコツすぎるという意見もありました。

主人公正隆のとった行動を振り返ってみると「不倫」「妊娠」「中絶」と本当に最低としか言いようがないですね。

とはいえ世間では正隆クズとか最低とか言われてますが、「かわいそう」と言われている萌がとった行動もあまりよくないんじゃないかなと思っちゃいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「ただ離婚していないだけ」通称ただリコの萌がかわいそうな理由とその後の結末についてご紹介しました。

ただ離婚してないだけの漫画版はハッピーエンドにはならなくて、スリリングな展開もあるのでドラマでどう描かれるか楽しです。

かなり濃い内容になっているので個人的には後味が悪い結末のため、その後の正隆と雪映がどうなったのか気になります。

ただ離婚してないだけ原作最終回結末ネタバレ!正隆とゆきえは逮捕されるのか?
ただリコドラマ最終回ネタバレ!ラスト結末の考察と感想!テレビ東京系2021年7月7日(水)スタートの深夜ドラマに「ただ離婚してないだけ」が決定しました! 主人公の正隆役をKis-My-Ft...

ドラマでは萌がかわいそうと思われるのか、ただのヤバいストーカーと思われるのか。

この点も注目のひとつだと思います。

「ただリコ萌かわいそう?その後の結末がヤバい!」を最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク